大麻とタバコ
大麻とタバコ

大麻の喫煙はタバコよりもDNAの損傷が少なくなることが研究で判明!

Share on facebook
Share on twitter

この研究では、大麻はタバコよりもエピジェネティックの影響(後成的影響)がタバコよりも少ないようであり、先天性欠損症や病気を引き起こす可能性が低いことを意味している可能性があります。

最近Translational Psychiatryジャーナルに発表された新しいエピジェネティック研究によると、大麻を使用することはタバコの使用よりも人間のDNAに変化を引き起こす可能性が低いとされています。

何十年もの前の研究は、遺伝子が特定の薬物にどのように反応するかにおいて重要な役割を果たすこと、また、薬物中毒になる可能性が高いか低いかに影響することを示しています。

薬物の使用は、DNAメチル化と呼ばれるプロセスによって、消費者のDNAに一時的または永続的な変更を加えることも知られています。

DNAメチル化は、DNAの分子にメチル基が付加され、特定の遺伝子を不活性化できる信号を生成する生物学的プロセスです。研究者たちは、このメチル化プロセスの誤りが、個人を癌、狼瘡、または筋ジストロフィーなどの病気にかかりやすくするか、または、子供に先天異常を授けてしまう可能性を高めてしまうと言います。

科学者たちはまた、薬物やアルコールの使用、ストレス、食事、運動、細菌感染などの環境要因が正常なメチル化プロセスを変化させ、疾患のリスクを高める可能性があることも発見しました。これらの変更には永続的なものもあれば、動的で一時的なものもあります。たとえば、研究により、DNAメチル化の割合はタバコの喫煙者の間で変化することがわかりましたが、これらの変化の割合は、禁煙すると正常に戻る可能性があります。

ニュージーランドの研究者チームは、大麻がタバコと比較してDNAメチル化プロセスをどのように変化させるかを発見しようと試みました。研究者たちは、1977年に生まれた1,265人の子供たちを生涯にわたって追跡してきた縦断的研究であるクライストチャーチ健康開発研究のデータを使用しました。これらの被験者は出生から40歳までの間に24回研究されており、研究者はほとんどの参加者から28歳の時点で血液サンプルを収集しました。

本研究では、血液サンプルを提出した96人の参加者を調べ、生涯の薬物使用について説明しています。研究者たちは、対象者を2つのグループに分けました。大麻とタバコの両方を使用したグループと、大麻だけを使用したグループです。更に、大麻使用だけの場合、研究者は、対象を3年以上大麻を使用したか、または大麻使用障害の基準を満たした人に限定しました。

研究者らは、血液サンプルを使用して、各被験者のDNAを抽出して分析しました。結果は、結果は、大麻使用を遺伝子のDNAメチル化に関連付けましたが、結果はタバコによって引き起こされたものより極端ではありませんでした。

ただし、大麻の使用は、タバコの影響を受けない遺伝子のDNAメチル化の増加と関連していました。これらの遺伝子は神経信号と心筋症に関連しており、大麻が精神疾患や心臓病のリスクをどのように増加させるかを説明できる可能性があります。

これらの結論は少数の被験者という制限があり、研究者は、これらの結果が有意であるかどうかを判断するにはさらに調査を行う必要があると述べています。

著者らは、「大麻使用が成熟したヒトの血中メチロームに及ぼす影響は、タバコ使用の影響とは異なり、それほど明白ではなく、さらに調査するためには、より大きなサンプルサイズが必要である」と結論付けています

 

References:Mary Janeなど / written by CHRIS MOORE

この記事をシェアする

Share on facebook
Facebook
Share on twitter
Twitter
メニューを閉じる
×
×

カート