大麻の副流煙
大麻の副流煙

大麻の副流煙でハイになれるのか?

Share on facebook
Facebook
Share on twitter
Twitter

2018年9月18日、南アフリカの最高裁判所である南アフリカ共和国の憲法裁判所は、マリファナの私的使用および栽培を非犯罪化とし、この満場一致の判決は、南アフリカの国民による承認と祝賀で迎えられました。

また「ジョイント」のローテーションに参加していなくても、「副流煙でハイになること」を心配している人は、実際に大麻の影響を受けるか知る必要があります。

マリファナの副流煙の影響は何年もの間、調査と研究のテーマでした。

ホットボクシング

1985年に行われた、副流煙の効果をテストした最初の研究のうちの1つは、 5人のマリファナ喫煙者でと一緒に、5人の非喫煙者を小さな車に入れました。このやり方は一般に「ホットボクシング」と呼ばれています。マリファナはドアを閉めたまま車内で喫煙され、煙は車内中を回ります。

この研究では、少量のTHC(マリファナの精神活性成分、陶酔感を感じる原因となる化合物)だけが禁煙の参加者の血中および尿中に検出されたが、「ハイ」を経験するのに十分ではありませんでした。

他の多くのテストでも、副流煙で「ハイ」になることが可能かどうかを判断するために同様の手順に従って行われましたが、同様の結論に達しました。これらの研究に対する主張は、マリファナは20年前よりも強いということです。

Business Insiderの記事によると、 マリファナのTHC含有量が1995年の4%から2014年には14%になるまで、大麻の栽培は改良されています。

ウィスコンシン医科大学の神経科学研究センターの薬理学教授でディレクターを務めるCecilia J Hillardは、Business Insiderとのインタビューで 、 「横ぎまり」は純粋に心理的現象ですが、呼気中に微量のTHCは存在します。と述べました。

彼女は、「鼻水や目のかゆみを経験する可能性があります」一方で、煙は「ハイ」を引き起こすのに十分ではないと続けています。

Health24とのインタビューで、臨床薬理学者でプレトリア大学の上級講師のAndréMarais博士は、「私の考えでは、大麻摂取の影響は、たばこの喫煙、あるいは喫煙よる煙の吸入の影響と同様であり、基本的に炭化水素を吸入しますが、必ずしも有効成分のTHCではありません。」と語っています。

しかし、最近の研究では、横ぎまりが心理現象である可能性が示されていますが、現実的ではありません。

2015年の調査では、それぞれ換気された場所と換気されていない場所に、6人のマリファナ喫煙者と6人の非喫煙者で入ってもらい、10個のマリファナジョイントを備えました。研究者らは、非喫煙者の血中および尿中にTHC、ならびに軽微な精神的影響を検出することができました。

この研究は、換気のレベル、喫煙エリアの大きさ、マリファナの摂取頻度、および時間が、副流煙によってハイになる可能性があるということを示しました。

この記事をシェアする

Share on facebook
Share on twitter
Share on linkedin
Share on pinterest
Share on google

最新記事

関連記事

アクセサリー&CBDオイル

ディスペンサリー紹介動画

Close Menu
×
×

Cart