大麻のテルペン
大麻のテルペン

大麻の一般的な12のテルペン!テルペンって何ですか?第二弾!

Share on facebook
Facebook
Share on twitter
Twitter

大麻には200以上のテルペンが発見されています。 各大麻株は独特のテルペン組成を有する傾向があります。それ故に、異なる品種は異なる臭い、味、および効果を持っています。以前はテルペンとは何か、というご説明をしましたが、ここではマリファナの植物に含まれる最も一般的なアロマ分子をリストとして挙げてみます。

カリオフィレン(Caryophyllene)

β-カリオフィレン(BCP)は、大麻植物で最も一般的なテルペンの1つです。実際に、このテルペンの派生物は麻薬探知犬がマリファナを探すときに匂いを嗅ぐように訓練されているものです。パンチの効いた分子は、精神活性植物に独特のものではありません。この配合物は辛く、黒胡椒にも見られます。

BCPには、辛さ以外にもあります。この分子は、THCと同様に、実際にはカンナビノイドとして機能する可能性があります。しかし、この分子から精神活性の「ハイ」を期待しないでください。その代わりに、良い香りは免疫細胞上のカンナビノイド受容体と結合します。

その結果、芳香族化合物は炎症を軽減することが期待されています。いくつかの前臨床試験では、BCPが不安や鬱病にも効果があるという可能性があることも示されています。

ミルセン(Myrcene)

ミルセンはレモングラスやホップによく見られるテルペンです。そして、この心を落ち着かせる分子は、大麻植物にもあります。ヒンズー教のようなヘビーハンドインディカ品種によく見られるミルセンは、催眠作用と身体的なリラックス効果を持つと期待されています。実際、カリフォルニアに本拠を置く大麻試験施設であるSteep Hill Labsの専門家は、この分子の存在がIndicaとSativaの株を区別するものであることを示唆しています。

大衆文化では、Indica株は鎮静作用と身体的リラックス効果を持つと言われています。Steep Hillによると、これはインディカの花が0.5%以上のミルセンを生成する傾向があるためである可能性があります。ミルセン含有量が高いほど、より鎮静的である可能性が高いです。これは、筋肉の緊張や不眠症からの解放を求めている医療大麻の消費者にとって有益かもしれません。

リナロール(Linalool)

一般的にラベンダーの植物で見つかるリナロールは、心を落ち着かせる甘くてフローラルなテルペンです。実際、リナロールは非常にリラックス効果がある為、臨床試験における一般的な処方薬の抗不安薬と同じくらい効果的であることが証明されています。他の初期の実験では、この分子は抗炎症作用と鎮痛作用を示しました。

ラベンダー、グランダディパープル、アラスカサンダーファックなどの大麻栽培品種には、高レベルのリナロールが含まれています。

リモネン(Limonene)

明るく高揚するリモネンは、柑橘系の果物によく見られるテルペンです。大麻では、この陽気な香りをレモンスカンク、OGクッシュ、スーパーサワーディーゼルのような系統で見つけることができます。科学文献では、リモネンは印象的な治療的価値を示しています。テルペンは抗炎症作用を持っているだけでなく、その分子は癌細胞に対して潜在力を示しています。さらに、化合物は同様に抗鬱剤の能力をもっている可能性があります。

フムレン(Limonene)

フムレンは、ビールの中の苦い、木質の香りの原因です。 ChemdawgやGirl Scout CookiesのThin Mintsなどの大麻品種では一般的ですが、この分子はホップやセージの植物で最も豊富にあります。 ただし、この分子の娯楽の評判だけにだまされないようにしてください。 フムレンはいくつかの重要な薬効を持っています。

研究によると、このテルペンは炎症を軽減し、痛みを治療することができます。THCやCBDのようなカンナビノイドと組み合わせると、これらの治療用化合物は増幅される可能性があります。ともかく、フムレン優勢の大麻株からの落ち着いた高揚感を期待してください。

ピネン(Pinene)

松葉や常緑樹林の香りよりもリラックスできるものはありません。その名前が示すように、ピネンは鋭い、松の香りがするテルペンです。このテルペンは世界で最も豊富なものの1つであり、多くの人間が日常的にこの分子と相互作用しています。

ピネンはエネルギーの点でミルセンの反対です。多くの大麻テルペンが鎮静効果の側にありますが、ピネンは集中力を高め、精神を高揚させ、そして落ち着きを与える活性効果があります。ジャック・ヘラー、ブルードリーム、そしてTrainwreckのような大麻品種には、すべてかなりの量のピネンが含まれています。

また、この分子は消費者がもう少し楽に呼吸するのを助けるかもしれません。研究によれば、ピネンは気管支拡張作用を持ち、肺組織の狭窄を減らす可能性があります。British Journal of Pharmacologyに掲載された2011年のレビューによると、テルペンは精神活性THCの記憶障害作用と戦う可能性もあります。

テルピノレン(Terpinolene)

テルピノレンはJack Hererのような大麻に軽くて芳香の甘さを提供します。自然の中でおそらくわずかでりんごと松の木で一般的に見られ、リラックスできる自然界の鎮静剤です。

テルピネオール(Terpineol)

ほとんどの場合、ライラックに含まれていますが、テルピネオールは、スカイウォーカーOGやホワイトウィドウのような安らぎのある品種によく見られます。このリストの他の多くのテルペンのように、この甘い香りの分子は癌予防の特性を持っているかもしれません。例えば、ある2010年の研究では、大麻が肺がんで抗腫瘍効果を示すことがわかりました。さらなる研究は、リラックスした香りが痛みと炎症を和らげるかもしれないことを示唆しています。

ビサボロール(Bisabolol)

一杯のカモミールティーが落ち着きを与える理由があります。カモミールの花はビサボロールと呼ばれるテルペンが豊富です。この甘い雰囲気で安らかなテルペンは、フレッシュでフローラルな香りを提供しています。大麻では、マスタークシュ、ロックスター、そしてACDCのような品種に見られます。

ミルセンほど落ち着いているわけではありませんが、ビサボロールを多く含む大麻株は、眠りにつくのに苦労している人には役に立つかもしれません。このテルペンの心を落ち着かせる性質は、体組織もなだめるようです。Journal of the American Chemists ‘Societyからの2009年のレビューは、この分子が炎症をうまく緩和し、抗生物質としての可能性を持ち、さらに抗癌性を持つ可能性さえあるという初期の証拠を提示しています。

デルタ-3-カレン(Delta-3-Carene)

うまみと柑橘類のようで甘い、この興味をそそるテルペンは、炎症と戦います。Super Silver Hazeを含むHazeファミリーの品種によく見られるこのテルペンには、ゆっくりとした鎮静的な雰囲気があります。ヘイズ系の大麻品種はサティバとして分類されることが多いのですが、特に高レベルのデルタ-3-カレンを持つ品種は、リラックスした状態に落ち着くことを望んでいる人には最適です。科学文献では、この分子は損傷後の骨修復に有益な影響を与えると期待されています。

ボルネオール(Borneol)

バルサミコ調の香りのするボルネオールはまれで魅力的なテルペンです。この化合物を高レベルで含む植物抽出物は、少なくとも1000年間中国医学で使用されてきました。多くの植物化合物と同様に、ボルネオールは実験室で抗ガンの可能性を示しました。

伝統的に、抽出物は咳、痛み、そして消化不良を治療するために使用されていました。これらの特性のいくつかは現代の科学によって支えられ、ボルネオールが鎮痛性の特性を持っていて、呼吸器系を助けて、肺の血管を弛緩させるかもしれないことを発見しました。Amnesia Hazeや他のSativa栽培品種は他の大麻品種よりも高レベルのボルネオールを含む可能性が高いです。

シネオール(Cineole)

ユーカリとも呼ばれるこのテルペンはスパイシーなミントの香りがします。最も一般的に使用されているエッセンシャルオイルの1つであるシネオールは、記憶力、注意力、そして認知能力を改善すると期待されています。この分子は肺にも強力な作用を及ぼし、気道を開いて炎症を軽減します。テルペンはローズマリーに最も豊富ですが、大麻株も高レベルのこの活性化分子を発現します。

この記事をシェアする

Share on facebook
Share on twitter
Share on linkedin
Share on pinterest
Share on google
Close Menu