大麻の結婚式
大麻の結婚式

大麻のテーマにした結婚式が人気に!?今後、流行の可能性も!

人々は歴史の中で最も古い伝統の一つである結婚式に対し、常に新鮮なアイディアを探しています。結婚式のトレンドは、伝統的でロマンチックなものから奇妙で風変わりなものまで、長年にわたって劇的に進化してきました。しかし、アメリカの結婚式のシーンを席巻する最新のトレンドは大麻になるかもしれません。

現在、大麻はこれまで以上に社会的に受け入れられるようになってきていますが、大麻をテーマにした結婚式をするのはまだ、少し変に思えるかもしれません。しかし、大麻コミュニティがどれほど多様になったかを考えると、大麻植物自体が強力な社会的シンボルになったこと、特にミレニアル世代が心を込めてを受け入れていることは驚くべきことではありません。

今、大麻が合法である州では、大好きな喫茶店に飛び込んで大麻入りのラテを飲んだり、地元のドラッグストアで大麻成分入りの化粧品のラベルを読むことができます。世界で最も裕福で最も権力のある人々でさえ最近では大麻市場を狙っています。それはおそらく婚約カップルが大麻をテーマにした結婚式のコンセプトを、懐疑的な家族や友人に伝えることを少し容易にします。

昨年デンバーで開催されたカンナビスウェディングエキスポは、現在全国で4つのイベントを誇っています。彼らのウェブサイトによると、これらのイベントは「伝統的な結婚式の大手ベンダや特別な大麻ブランドと協力して、結婚式の日に大麻を上品に取り入れる方法を学ぶ機会を与えます。大麻のブーケやセンターピースからウエディングケーキや麻のガウンまで、エキスポは結び目を作り始めようとしている大麻愛好家のためのワンストップショップとしての地位を得ています。

もちろん、その人気は州によって大きく異なる傾向があります。大麻が合法である州の数は急速に増加していますが、大麻の結婚式は麻(ヘンプ)でさえ禁止している、サウスダコタ州やアイダホ州のような州ではおそらく実行不可能です。Pinterestのようなプラットフォームで大麻をテーマにした結婚式のインスピレーションを提供するソーシャルメディアで、幅広い魅力のヒントを見つけることができますが、トレンドへの関心も年齢によって変わる可能性があります。

言うまでもなく結婚式の業界はこの義務を負うことを喜んでいます。ウェディングプランナーのJamie McCormickは、大麻をテーマにしたウェディングで、「大麻が、社会的側面で物事を汚し、ソファの上に座っているだけではないことを証明したい」と言います。彼と同じように、大麻とその派生物を合法化する州で大麻をテーマにした結婚式がはるかに一般的になると信じているウェディングプランナーは増えています。

ほんの数年前、大麻をテーマにした結婚式の概念は笑えるものとして見られていたでしょう。しかし、社会的態度が劇的に変化し、ソーシャルメディアに精通したトレンドが次の「Instagrammableエクスペリエンス」を常に見据えているため、そう遠くない将来にあなたもこのような結婚式に参加しているかもしれません。

この記事をシェアする

Facebook
Twitter