大麻のテルペノイド研究
大麻のテルペノイド研究

大麻のテルペノイドは炎症の軽減にも役立つ!新しい研究結果が発表!

Share on facebook
Facebook
Share on twitter
Twitter

Cannabis and Cannabinoid Research誌に掲載された最近の研究によれば、マリファナの抗炎症作用は、テルペノイド(Terpenoid)と呼ばれる植物中の非カンナビノイド化合物によって強化される可能性があります。

ほとんどの研究はTHCとCBDがどのように炎症に影響するかに焦点を当ててきましたが、テルペノイドはその抗炎症作用を共有しているようです。この化合物は一般的に大麻の香りと関連していますが、それらの治療の可能性についてはほとんど知られていません。

新しい研究で、イスラエルの研究者たちは、3種類のマリファナからテルペノイドを多く含むオイルを抽出し、細胞とマウスでテストしました。最初の実験は、化合物が炎症に影響しているフリーラジカル(不安定な分子)の生成を部分的に抑制することを示しました。そして2番目のマウスでは、「中程度の抗炎症作用」が明らかになりました。

とは言っても、研究者がそれらを比較したとき、テルペノイドは精製されたCBDほど効果的ではないようでした。CBDはより長く働き、慢性疼痛に苦しんでいる個人にとってより適切な選択となります。

奇妙なことに、テルペノイドはカンナビノイドとは異なるメカニズムで炎症を軽減するように思われました。

「大麻のケモタイプはさまざまなテルペノイドの独特の合成物を持っています」と研究者たちは書いています。「これらのエッセンシャルオイル(精油(せいゆ))は、この合成物によって異なる抗炎症作用と抗侵害受容作用を持っていますが、それらはTNFa titers には影響を及ぼしませんでした。」

「我々は、テルペノイドが急性炎症効果を軽減するために使用されることがあるのに対して、カンナビノイドは慢性炎症症状を抑制するために使用することを提案する」と彼らは結論付けました。

この記事をシェアする

Share on facebook
Share on twitter
Share on linkedin
Share on pinterest
Share on google

最新記事

関連記事

アクセサリー&CBDオイル

ディスペンサリー紹介動画

Close Menu
×
×

Cart