大麻のチューインガムが線維筋痛症の痛みを和らげる!

大麻のチューインガムが線維筋痛症の痛みを和らげる!

大麻オイルが炎症、慢性痛、発作などの治療に役立つことを確認する多くの研究が出ている中、新たに発表された研究では、1年間大麻治療を受けると、慢性疼痛患者の機能、痛み、認知機能、および生活の質を改善できることが発見されました。

線維筋痛症の場合、多くの患者が抗うつ薬、処方鎮痛剤、アセトアミノフェン、および抗発作薬として医療用大麻を服用することを好みます。実際、患者には「MedChewRx」という、大麻の活性化合物であるTHCとCBDの両方を5mg含む線維筋痛症患者専用に作られたマリファナガムがあります。

喫煙は患者の肺の健康に影響を与え、食用大麻の場合は効くまでに時間がかかることがあります。その点、チューインガムはより早く効き、安全ではるかに優れた選択肢です。口の中の軟部組織は歯肉の化合物を吸収し、肝臓を巡回して迅速に痛みを緩和します。

大麻チューインガムの利点

大麻チューインガムには多くの利点があります。ストレスを和らげ、心血管系を刺激し、加齢に伴う認知機能低下を改善し、心に神経保護作用と神経刺激作用をもたらします。大麻チューインガムは、大麻を喫煙するよりも目立たず、社会的に受け入れられやすいです。また、CBDオイルよりも持ち運びに便利です。

線維筋痛症とは何ですか?

線維筋痛症は、単なる慢性疼痛障害ではありません。睡眠不足、疲労、消化器系の問題、気分、記憶の問題を引き起こす可能性があります。線維筋痛症にマリファナを使用すると、症状を緩和できます。

線維筋痛症の人は広範囲の痛みを経験します。数ヶ月続く持続的な痛みを伴う病気に関連しています。痛みは、体の両側、さらには腰の上下に起こります。また、線維筋痛症の患者も疲労を経験します。彼らは長時間寝ていたとしても、疲れて目が覚めてしまいます。睡眠は痛みによって中断され、多くの患者は、むずむず脚症候群や睡眠時無呼吸などの睡眠障害を患っています。

また、認知障害にも苦しんでいます。「フィブロフォグ」と呼ばれる症状は、注意を払い、集中し、精神的な作業に集中する能力を損ないます。残念ながら、線維筋痛症は、通常、片頭痛や他の種類の頭痛、過敏性腸症候群、顎関節障害、間質性膀胱炎や痛みを伴う膀胱症候群など、他の痛みを伴う状態と共存します。

その為、線維筋痛症の患者が症状を管理するために医療大麻を求めています。多数の研究により、大麻は鎮痛剤の優れた代替品であることが証明されています。言うまでもなく、大麻は痛みを和らげるという点では天の恵みです。また、関節炎やクローン病など、線維筋痛症に類似した他の慢性症状の症状を緩和するのに役立ちます。

大麻チューインガムは、ストレスを軽減し、心血管の健康を改善するのにも役立ちます。また、脳に神経保護作用と神経刺激作用があり、加齢に伴う認知機能低下の予防に役立ちます。製造会社は、大麻チューインガムが2020年に利用可能になると述べています。

記事をシェアする
Close Menu