image 6.1
image 6.1

大麻とは何ですか?大麻の品種とは何ですか?

Share on facebook
Share on twitter

大麻は、気分の変化を楽しむ嗜好品や癌やその他の治療に用いられる医療として、よく知られている魅力的な植物です。治療的で精神的な有用性は、歴史を通じて世界中の多くの文化に及んでいます。 しかし、多くの人は大麻が何であるか、なぜ世界中で数千もの異なる名前の品種があるのかを完全に理解していないかもしれません。ここでは、大麻という植物がどのように定義されているか、大麻がどのように使われているか、様々な形で採用されている理由についての探ってみましょう。

大麻は何のために使われていますか?

大麻の使用は、一般に、嗜好用、医療用という2つの主な用途に分けられます。嗜好品の大麻の消費者は、楽しさ、ストレス軽減、創造力を駆り立てるなど、様々な目的のために大麻を使用しています。医療用の場合、痛み、不安、不眠症、食欲不振などの症状を緩和するために大麻を使います。

大麻には、医療上の利点を提供する何百もの活性化合物(例えば、カンナビノイド、テルペン、およびフラボノイド)が含まれています。その中でもTHCCBDは、大麻の成分として最もよく知られている化合物の2つで、多くのユニークな効果を提供します。

また大麻は重要な農業資源です。麻の強い繊維は、ロープ、衣類、建材などの製造に使用されています。また、必須アミノ酸、タンパク質、およびその他の貴重な鉱物で満たされた栄養価の高い種子を生産します。実は七味に入っている小さな種は大麻の種です。

また大麻から調理油を製造することができ、持続可能なバイオ燃料として機能することさえできます。


大麻という植物を知る

カナビスは、毎年開花する植物で、雄と雌があります、雄は雌に花粉を与えて種子を作ります。生殖周期内に花粉を摂取しない雌の植物は、スペイン語で「種なし」という意味のあるシンセミラと呼ばれることがあります。

ヘンプとは、繊維および種子を使用するために栽培された大麻を指します。また、化粧品、オイル、およびその他の消耗品に使用できる量のCBDを生成します。


大麻の品種とは何ですか?

大麻は中央アジアに由来すると信じられていますが、何千年もの時をかけて、征服や探検などによってほぼすべての大陸に広がり、栽培者は地域の特徴に合わせて大麻を育ててきました。

長い世代にわたって、その地域に根付いた大麻は品種内の変異が発生し始めました。これらの品種は、地域特色のものとして知られるようになりました。

地域の特色を持った大麻はそれぞれの生息地から採取され、西側に持ち込まれ、そこで植物の潜在能力を探求しようとする園芸家によって交配されました。この異種交配(異なる雌と異なる雄を繁殖させる)のプロセスが、我々が現在目にする数千の品種を生み出しました。

大麻の品種について議論する際には、おそらく「インディカ」、「サティバ」、「ハイブリッド」という言葉を聞いたことがあると思います。これら3つのタイプは、様々な植物の形状および構造をしており、栽培者にとって重要な特徴を指すものとなっています。消費者はインディカが鎮静効果をもたらし、サティバはエネルギーを促進し、ハイブリッド効果はその中間の効果を与えると長い間考えられてきました。しかし、研究は効果ベースの分類を主張しています。

現在、大麻分類は大体、次のカテゴリでされています:

THC、低CBD(陶酔感が強い)

CBD、低THC

バランスのとれたCBDとTHC(軽度の陶酔)

これらの3つの「化学的なタイプ」は、それぞれ独自の医療上のメリットと効果を提供します。CBDとTHCの品種がどのように異なるのかを学び、さまざまな品種と効力を試してみることが、あなたにとって最適なものを見つけることに繋がるでしょう

この記事をシェアする

Share on facebook
Facebook
Share on twitter
Twitter
メニューを閉じる
×
×

カート