医療大麻 HIV エイズ
医療大麻 HIV エイズ

大麻で暑い夏を乗り切ろう!​THCが体温を下げてくれる!?​

Share on facebook
Share on twitter

他の物質とは異なり、大麻を吸うことで涼しくなります。文字通り。 エアコンが不足しているアパートで暑い思いをしてはいけません。大麻を吸い込むだけで、必要なときに涼しく過ごすことができます。そうです、「ハイ」なると体温が下がります。

温かい飲み物はあなたの体を冷やし、冷たい飲み物はあなたを暖めることを知っていましたか?

暑さの改善策の中には意味がないように思われるものもありますが、大麻のようなものはまったく予想外のことです。温かい飲み物はあなたの体を冷やし、熱いお茶やコーヒーの熱は、熱を検出する舌の上にある特別な受容体を活性化させます。これらのTRPV1受容体は体の他の部分と通信し、内側から外側への冷却反応を活性化します。この冷却反応では、温かい飲み物は体を温めるよりも体温を下げます。同様に、チリペッパーもTRPV1受容体を活性化し、同じく冷却反応を引き起こします。

だから、インドのような国で人々は熱いお茶を飲み、世界で最もスパイシーな食べ物を食べることが人気になったのかもしれません。インドでは大麻もまた非常に人気があります。

大麻は、視床下部に作用することによって体温を調節する役割を果たしているように思われ、それはまた、チリペッパーおよびホットドリンクと同様の方法でTRPV受容体を活性化することによって体温に影響を及ぼし得ます。

体温が下がる現象は、マウスに対する大麻の「古典的な四分子」効果の1つと考えられてきましたが、同様の効果が人間でも観察されました。大麻の有効成分であるTHCは、MDMAによる神経毒性や温熱療法さえも予防するかもしれないことを示す研究さえあります。THCは一種の神経系抗酸化物質として作用し、脳に対するMDMAの有害な作用を防ぎ、さらには中心部の体温を下げます。これにより、脳や体の他の部分へのさらなる損傷を防ぐことができます。

暑すぎると感じる場合は、まず水を飲むのがよいでしょう。できれば常温であることが望ましいです。冷たい水は、体が胃や腸に吸収される前に体を暖める作用が働いてしまうので、体温のわずかな上昇を引き起こすことになります。

温かい飲み物は体を冷やしますが、あまりにも熱いものは飲まないでください。世界保健機関(WHO)は最近、非常に熱い飲み物(華氏149度を超える飲み物)が食道癌を引き起こす可能性があるという声明を発表しました。また、同様にいくつかの辛い食べ物を試してみてください。それは熱を逃がす為に必要な汗をかくことを助けてくれます。

最後に、喫煙、気化、食用等、様々な方法で摂取してみて下さい。「ハイ」なればなるほど、あなたの体は冷たく感じるでしょう。そして財布と環境を守るためにエアコンをオフにして、その時間を楽しみましょう。

この記事をシェアする

Share on facebook
Facebook
Share on twitter
Twitter
メニューを閉じる
×
×

カート