|

大麻でジャンクフードの売上を増加!?​マンチーの研究で明らかに!​

マンチーズ。別名、「ハイ」のときに大量のスナックを食べたくなる衝動。一般的には、科学者たちはカンナビノイドがどのように「空腹ホルモン」を引き起こし、脳が食事の命令を出すかを調べることによって、その関係を研究しています。しかし、ジョージア州立大学とコネチカット大学の2人の研究者は、マンチーを測定する新しい方法を試しています。彼らは大麻が合法化される前に高カロリーの「ジャンクフード」を人々がどれだけ買ったかを数え、合法化になった後に買った金額と比較しています。そして、最初の結果はは次のとおりです。

マンチーズは本物だ、研究が述べる

大麻と食欲の関係に関する研究は、なぜハイになるとスナックを食べたくなるのか、について決定的な証拠を提供するのに苦労してきました。内分泌学者は、THCの影響の1つが、空腹信号を脳に送るホルモンの刺激であることを示唆しています。主な空腹ホルモンはグレリンです。そして研究者達は、大麻の消費がグレリン生産を増加させ、脳を敏感にすることを発見しました。科学者たちは、この2倍の線量がマンチーの背後にある大きな要因であると考えています。

他の分野では、科学者たちはなぜ大麻を消費することで人々が空腹になるのかという神経科学的または行動的な説明を探しました。しかし、懐疑論は続いています。マンチーは単なる神話なのでしょうか?

その疑問に答えるために、研究者のMichele Baggio氏とAlberto Chong氏は、マンチーが測定可能な現象であるかどうかを確かめることに着手しました。何が原因で発生したのか完全にはわからない場合は、少なくともそれが実際にどの程度存在しているのかを確認できます。そのために、彼らはThe Nielsen Companyから市販のスキャナーデータとシカゴ大学のマーケティングデータベースを集めました。このデータは、高カロリー食品がどれだけ買われているかを示しています。それから、彼らは成人用のマリファナの法律の実施がそのデータにどのような影響を与えたかを調べました。

娯楽用大麻が合法な州の人々はより多くのアイスクリーム、クッキー、そしてチップを買っている

合法的な大麻がジャンクフードの消費にどのような影響を与えるかを可能な限り明確に描写するため、研究者は、娯楽用での大麻使用が合法な州の両側にあるエリアからのスキャナーとマーケティングデータを比較しました。それから、彼らは合法化の前後に何が起こったのかを調べました。ジャンクフードの購入が国境の両側で増加した場合、それは合法化が影響を及ぼした可能性が低いことを意味します。

そして、高カロリー食品の購入が、国境を越えた違法エリアでは、増加は見られなかったのに対し、大麻が合法なエリアで増加したことを彼らは発見しました。BaggioとChongの研究では、クッキー、アイスクリーム、チップスの3つの食品について詳しく調べました。そして彼らのデータによれば、マンチーは実在し、測定可能であるということです。「娯楽用マリファナを合法化すると、ジャンクフードの売り上げが伸びる」と同研究は結論付けています。

具体的には、娯楽用大麻が合法な州では、アイスクリームの毎月の売上が5%、クッキーが6%、チップが6.6%増加したことがわかりました。この調査の最も弱いデータでさえ、この傾向を裏付けており、最低でも、クッキー、アイスクリーム、チップスの消費量は、それぞれ4.1、3.1、5.3パーセント増加を示しました。

Similar Posts

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *