大麻 老人 
大麻 老人 

大麻が高齢者の生活を改善できる6つのこと!​

Share on facebook
Share on twitter

大麻は、アルツハイマー病、慢性疼痛、食欲不振、および高齢者に影響を与えるその他の問題を緩和するための明るい展望を示しています。

私たちは年をとるほど、体はより多くの要求とケアを必要とします。ある推定によると、2030年までに高齢者疾患に関する統計が現在の2倍になり、何らかの病気に苦しむ成人が1500万人になると主張しています。これを念頭に置いて、大麻は高齢者の生活をどのように改善できるのでしょうか?

これらの問題にポジティブな展開として現れたのが大麻であり、健康面で可能性を秘めた植物となっています。近い将来、大麻の高齢者への影響に関する多くの研究が期待できます。大麻が高齢者と家族にとってより良い方向へ導いてくれる6つのことをご紹介します。

大麻は生活の質を向上せる

加齢とともに、私たちの体はあらゆる面で悪化し始め、痛みと不快感をもたらします。高齢者は、炎症、精神的および骨の健康問題、および大きなプレッシャーを経験する傾向があります。幸いなことに、大麻が安心をもたらす良い方法であると言う事例証拠といくつかの研究があります。

大麻は天然の化合物

善よりも害を及ぼす可能性のある化学物質(特に体の劣化)をいじることなく、大麻は自然の特性に依存しており、患者を優しさとケアで治療しています。植物は多次元であり、さまざまな消費方法があり、広範な疾患に影響を及ぼし、症状を最小限に抑えて効果的に管理します。

高齢者がハイになる必要はない

少しハイになっても誰も傷つけることはありませんが、医療用マリファナを使用している高齢者はハイになる必要はありません。専門家は、少量のTHCを含む効果的な医療用CBD品種の開発を開始しています。これらの品種は、植物の治療面に能力を集中させ、精神活性効果をほとんどまたはまったく生み出しません。

処方薬よりも安全

オピオイド関連の死亡は、アメリカ人が直面する最も深刻な危機の1つであり、医療用大麻の規制された計画はこの問題を減らすのに役立つ可能性があります。オピオイドは若い人たちに影響を与えると考えられていますが、統計によると、過去1年間に280万人以上の高齢者が処方薬を乱用しています。オピオイドは高齢者に脅威を与え、転倒の可能性を高めます。適切に管理された大麻の安定した投与量は、これらのリスクを劇的に減らすことができます。

大麻はコミュニティの感覚を育てる

孤独感は、高齢者に大きな影響を与え、うつ病、病気、さらには死の入り口としても機能します。大麻は精神を高める物質と考えられており、高齢者の創造性の向上、社会的スキルの向上、リラクゼーションの促進に役立ちます。

大麻と医療

長年の汚名に耐えた後、アメリカは大麻を公式な薬として受け入れ、医療プログラムで利用できるようになり、コストを削減し、多くの人々の生活を改善することを望んでいます。

この記事をシェアする

Share on facebook
Facebook
Share on twitter
Twitter