| |

大麻が蜂を助ける!?カナビーズと呼ばれるミツバチ!​

ミツバチと大麻の関係は、科学と起業家の両方で注目を集めています。この関係は素晴らしいマッチをしているかもしれません。

最近の実験では、大麻がストレスの溜まっているミツバチに必要な花粉を提供するかもしれないことが示されています。そして、イスラエルの会社は、カンナビジオールを与えられたミツバチからできた蜂蜜を販売しています。

ミツバチにとって良いニュースは、マリファナ産業がミツバチに必要な花粉の供給源を提供するかもしれないということです。大麻業界にとっての朗報は、ミツバチが素晴らしい新製品を提供するかもしれないということです。

ミツバチと大麻

コロラド州のある研究者は、蜂がロッキーマウンテン州の大麻畑を訪れたことを明らかにしました。ミツバチは夏の終わりに大麻を花粉源として使用していたようです。

コロラド大学の学生が、11月にバンクーバー、ブリティッシュコロンビア州、コルトン・オブライエンで行われた昆虫学のカンファレンスで、「8月に行った実験ではコロラド州に住む代表的な23種類のミツバチが、大麻畑に仕掛けていたトラップに捕まっていた」と報告しました。

O’Brien 氏は、「大麻畑を歩けば、どこにいてもブンブンというミツバチの音が聞こえる」と、この会議で伝えています。

O’Brienがコロラド州北部にある、7月下旬から9月上旬に開花する2つの試験的な大麻農場で研究を行いました。それは他の作物が開花期を終え、蜂のような花粉媒介者の栄養源が不足してしまう環境だったからです。

蜂は幼い蜂に餌を与えるために花粉が必要で、花粉を見つける為に、ストレスを感じてしまいます。

大麻植物は蜜を生産しませんが豊富な花粉を生産します。「大麻は餌を探している蜂の貴重な花粉源になり、生態学的に素晴らしい価値を持つ可能性がある」と報告書は述べています。

O’Brienと彼のチームは、研究者の間で長年懸念している蜂の健康を維持することの重要性を考えると、大麻が害虫防除政策をより良いものにすると、推奨しました。

CannabeezとCannahoney

2016年にフランスの養蜂家が大麻植物の樹脂を使って蜂蜜を作るように蜂を訓練しました。マリファナ支持者であるニコラスは、彼が子供だった頃、活動亢進に対処するために医療用マリファナを使用していました。そこでニコラスは蜂蜜の健康的メリットと大麻の健康的メリットを組み合わせることに関心を持ちました。

彼は大麻から樹脂を集めて蜂の巣を作るように、いくつかの蜂を訓練しました。最終的に、訓練されたミツバチは大麻の樹脂から巣を作り、”cannahoney”と呼ばれている蜂蜜を作り出しました。彼はcannahoneyが他のマリファナ製品よりも優れていると信じています。「蜂の体を通した、すべての要素は向上されている」とScience Explorerに語りました。

これは、イスラエルの会社、「cannabeez」と呼ばれるものを開発したPhytoPharmaと同じです。ミツバチには少量のカンナビジオールが与え、CBDを後から注入する必要のない、健康的な蜂蜜を生産しています。

この蜂蜜は全て蜂によって作られています。PhytoPharmaによれば、この製品は痛みを和らげ、睡眠のサポートとストレスと不安の緩和をもたらし、「陶酔感はなく、精神作用はない」とのことです。

Similar Posts

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *