大麻の慢性関節リウマチ治療
大麻の慢性関節リウマチ治療

大麻が慢性関節リウマチの治療に効果的!?新しい研究が発表!​​

Share on facebook
Share on twitter

「Current Opinion in Rheumatology」誌に発表された新しい研究によれば、大麻は慢性関節リウマチの効果的な治療法である可能性があります。「慢性関節リウマチ(RA)患者の症状を治療するために大麻を使用する患者が増えている」と指摘した研究者らは、「カンナビノイドはRAの適切な治療法となり得る」と述べ、CBDの抗炎症作用についてさらに研究するよう求めました。

かかりつけの医師で、大麻のスペシャリストであるDr. Benjamin Caplanは、何千人もの高齢者に対して、関節炎の治療としてカンナビノイド療法を行うのを助けてきた、とフォーブスに語りました。

「私には、局所的な大麻治療で十分に対処できる、軽度の関節痛の患者がいます。」とCaplanは述べました。「他の人はほとんど無能力で、不完全な治療のために複数の薬を服用しています。彼らは痛みや不安に対処し、生活の質を向上させるのに役立つ追加のオプションを歓迎します。」

カプラン氏によると、研究者たちは大麻がどのようにして安全かつ効果的に痛みを和らげることができるかを学び始めたばかりだと言います。

「私たちは、大麻がどのように機能するかの詳細を完全には理解していませんが、大麻が強力な抗炎症薬であり、イブプロフェン、ステロイドなどの他の抗炎症薬とは異なる方法で作用することを知っています。また、RAや他の自己免疫疾患を治療するための選択肢でもあります」と彼は言いました。

「これらの伝統的な薬物治療は思い副作用を引き起こす可能性がありますが、その多くは大麻では見られません。」

カプラン氏によると、大麻製品の多様性、投与量、摂取方法などにより、大麻は一部の患者にとって魅力的な選択肢となり、「大麻の素晴らしいところの1つは、評判の良いディスペンサリーでの幅広い選択肢は、多種多様な病気を抱える様々な人々のために柔軟で成功に導く多くの機会を生み出すことです。」

「幸いなことに、これらの選択肢と機会はすべて、大麻の高い安全性にかかっています。」と彼は付け加えました。

この記事をシェアする

Share on facebook
Facebook
Share on twitter
Twitter