大麻 心臓病
大麻 心臓病

大麻が心臓発作で入院した患者の生存率を高める!?新しい研究結果!​​

Share on facebook
Facebook
Share on twitter
Twitter

何百万もの医療記録と患者の転帰(治療成績)の分析を含む新しい研究は、マリファナを使用する人が心臓発作で入院した後に生存する可能性がより高いことを発見しました。

コロラド大学の研究者らはさらなる研究が必要であると述べましたが、彼らは心臓発作で入院した患者にとって、「マリファナの使用は院内死亡率の大幅な減少と関連していることを強く示唆します。」と書いています。

少なくともアメリカでは、連邦レベルでのマリファナは継続して違法な位置にある為、研究目的のための質の高い大麻の欠如により、潜在的な大麻の医療用途のリストが増え続けています。

心臓病の影響

大麻が心臓の健康にどのように影響を与えるかは研究者にとっての主要な研究分野です。これは、アメリカ心臓協会が資金提供している研究結果によると、アメリカでは心臓病の患者が3人に1人の割合で死亡しているためです。研究から他に目を見張るような数字には以下が含まれます。

  • 毎日、約2,200人のアメリカ人が心血管疾患で死亡しています。それは40秒ごとに1人が死亡していることになります。
  • これを視野に入れると、毎年多くのアメリカ人が癌や慢性下気道疾患で死亡する人よりも心臓病で死亡しています。
  • 約9,210万人の大人のアメリカ人が何らかの形の心血管疾患を患っているか、脳卒中の後遺症を抱えて生活しています。
  • 心血管疾患と脳卒中に関連する費用は3,160億ドル以上と見積もられており、これは医療費と生産性の損失を考慮した数字です。

こうした種類の数字で、心臓発作による死を防ぐことができる新しい治療法の可能性があると研究が発見したときに人々が注目するのは驚くことではありません。

研究の調査結果

急性心筋梗塞(AMI)は、心臓関連の緊急事態を起こした患者を表すために使用される医学用語です。コロラド大学の研究者らは、マリファナがAMIを経験している人にどのような影響を与えるかを理解するために、1,273,897人のAMI患者の病院記録を分析しました。その中からマリファナの使用を認めたグループの3,854人に焦点を合わせました。

そして彼らは、マリファナを使用した人は以下のリスクが低いことを見出しました。

  • 死亡
  • ショック
  • 閉塞した動脈にバルーンを挿入する必要性

3つのうち、最初の1つが明らかに研究者の注意を最も惹きつけました。「おそらく、私たちの研究の最も驚くべき発見は、AMI前のマリファナ使用がAMI後の院内死亡率の低下と関連していたことです。」と彼らは書いています。

彼らはこの発見がニューヨークのアトランタ退役軍人医療センター、テキサス州立大学とナッソー大学医療センターの研究者が率いる2017年の研究を引用して、以前の研究で発見されたことと一致すると付け加えました。

2017年の研究では、マリファナを使用しても心臓発作で入院した患者の死亡率は上昇しませんでした。この初期の研究者もまた、何百万もの患者の病院記録を分析していました。

この記事をシェアする

Share on facebook
Share on twitter
Share on linkedin
Share on pinterest
Share on google

最新記事

関連記事

アクセサリー&CBDオイル

ディスペンサリー紹介動画

Close Menu
×
×

Cart