大麻の学位
大麻の学位

大学で大麻を学べる!?大麻の学位と証明書プログラムが発表される!​

Share on facebook
Share on twitter

大麻が教室にやってくる。

大麻化学の最初の学位は、スーセントマリーにあるレイク・スーペリア州立大学でこの秋から始まります。間もなく開始されるプログラムは準学士号と学士号の両方を提供し、「緊急の大麻市場で雇用を得るために必要な知識」を学生に提供します。

化学教授スティーブン・ジョンソンは、大学のウェブサイトで、「私たちは、学生が大麻分析の新興分野におけるリーダーになるための訓練を行っています」と述べました。「このユニークなプログラムでは、学生は代用の素材ではなく、実際の大麻植物の素材を扱い、分析します。卒業生は、まず第一に、大麻分析の業界標準で訓練を受けた化学者になります。」

2008年、ミシガン州は医療大麻を合法化する13番目の州となりました。2018年には、レクリエーション用途にも合法となり、州は2019年12月までレクリエーション用ディスペンサリー(薬局)の免許プログラムを確立する必要がありました。

バーモント州では、高等教育機関が学生に業界への道筋を提供することを目的とした認定プログラムを立ち上げました。VTDiggerによると、バーモントテクニカルカレッジは今秋初めに提供される「CBD & GREENHOUSE CASH CROP CERTIFICATE」を導入する予定です。セッション全体は9日間で行われ、1,350ドルかかります。

「このトレーニングシリーズでは、麻、CBDの生産のための一般的なテクニックと、大麻栽培に関連する化学的性質および現在の規制の基本的な理解を参加者に紹介します。」と同大学のWebサイトは述べています。

その一方で、バーモント大学は2016年に大麻科学と医学の専門的証明書を発表しました。学校のウェブサイトには、UVMは「大麻と医学の専門的証明書を提供する国内初の医学校」とあります。オンラインプログラムは、医師、診療所の担当者、ナースプラクティショナー(上級の看護職)、薬剤師、アシスタント、食用大麻クリエイター、規制当局、および予算担当者など、幅広い業務専門家向けに設計されています。カリキュラムは、大麻の歴史、ビジネス、法律と政策、植物生物学、人間に対する生物学的影響、生産と安全性、薬理学、そして臨床研究をカバーしています。

州はまだ税制規制システムを確立していませんが、バーモント州で医療目的と娯楽目的、両方の大麻使用のは合法です。

メリーランド州では、1人の教授が大麻の証明書を入手することを試みています。メリーランド州のAnne Arundel Community Collegeの経営管理学科長であるShad Ewartは、大麻の分野で初級レベルのキャリアを積むための16単位の学際的プログラムを提案しています。彼は最初に2015年に「拡大する市場における起業機会:大麻の合法化」と呼ばれるコースを教え始めました。彼は現在、大学の内部教育計画委員会からの承認を待っています。その時点で、提案されたプログラムは、メリーランド州高等教育委員会に到達するまで連鎖の上位に進められます。

この記事をシェアする

Share on facebook
Facebook
Share on twitter
Twitter