色々な大麻の摂取方法
色々な大麻の摂取方法

喫煙以外で大麻を楽しむ6つの方法!?

Share on facebook
Facebook
Share on twitter
Twitter

大麻使用者の全員が喫煙で大麻を摂取する方法が好きという事はありません。特に肺への影響を考えて、別の摂取方法を好む場合が多いです。また、大麻の使用が合法な州に住んでいても、喫煙というイメージが大麻を麻薬と感じさせてしまうのかもしれません。 喫煙による摂取だけではなく、長年にわたって大麻を摂取する方法が発明されています。ここではより健康的な摂取方法を紹介します。

1.ヴェポライジング(気化・蒸発)

大麻の成分を摂取するためにライターで大麻を燃やす必要はありません。実際には、その化学化合物ははるかに低い温度で気化することができ、より害の少ない状態で摂取することが可能となります。

気化した大麻の味は、燃やした場合よりも好まれることが多く、肺への負担もはるかに減らすことができます。大型のヴェポライザーを使用すると高度な温度設定で高品質の蒸気を摂取することができます。小型のヴェポライザーはどこでもバッツや大麻オイルを楽しむことができます。

2.食べ物・料理

  喫煙以外の代わりになる代表的な選択肢の1つが、大麻が使用された食べ物と飲み物です。マリファナ食品の多様性は、急速に拡大しています。いろんな食品と一緒に摂取することができますが、バターや油として使用することが多いです。 また、驚くほど簡単に自分でマリファナバターを作ることができます(量には注意してください)。薬局や小売店では、驚くほど多くの商品があり、レモネードから焼いたニンニククラッカーまで、色々あります。 おそらく既に聞いたことがあると思いますが、まずは少ない量を食べて、急がずゆっくりと摂取しなければなりません。喫煙等と違って消化することが必要な為、効果が出るまでかなり時間がかかり、とても強い効果を発揮することがあります。

3.オイル

 オイルは、大麻の成分を濃縮したもので、基本的に経口で摂取します。最も一般的には、カプセルまたは塗布であり、直接使用されるか、または食品または飲料に加えられます。 大麻食品と同じように、オイルは強力な効果を発揮し、効果がでるまでしばらく時間がかかるので、投与量には注意が必要です。

4.舌下療法(ティンクチャー/チンキ)

 舌下療法は、大麻をアルコールの中に漬けて化合物を抽出した液体を舌に垂らして摂取します。オイルや大麻食品とは異なり、舌下療法はすぐに血流に入る為、すぐに効果を実感することができます。 そのおかげで、投与量の調整も簡単に出来きます。この液体には様々な風味や効力がある為、好みや医療のニーズに合わせて提供されることがよくあります。

5.塗り薬(局所用)

 局所用の塗り薬は、大麻成分が注入されたローションや軟膏であり、局所的な痛みや炎症を軽減するために皮膚に直接使用します。 大麻の塗り薬のユニークな性質の1つは、精神作用のない状態で症状を治療する能力です。この方法は精神作用を求めていない場合、最適な方法の一つです。

6.ダビング( Dabbing)

 ダビングはフラッシュヴェポライジングと言われ、大麻成分を濃縮したものを加熱した水パイプに滴下し、強力な効果を得るために吸入する方法です。 装置はガスバーナーを使って加熱されたガラス製または金属製の釘です。熱心な大麻愛好家はこの方法を選択しています。 理由は2つあり、(a)適切に精製された濃縮物は清潔な成分を提供し、(b)ダビングは喫煙とは対照的な蒸気を生成します。この方法は初心者に提案する選択肢ではないかもしれません。  様々な方法の中から、自分にあった方法や好みによって摂取方法を変えてみる事が必要でしょう。

この記事をシェアする

Share on facebook
Share on twitter
Share on linkedin
Share on pinterest
Share on google
Close Menu