セックス
セックス

医療大麻の合法化でセックスの頻度と出生率が上昇!?新しい研究結果

Share on facebook
Share on twitter

最近の調査によると、医療用大麻の合法化は、人々がより多くのセックスをするようになることに関連しているようです。

コネチカット大学とジョージア州立大学の研究者は、「医療用大麻の法律が性的活動の増加を引き起こすことを発見しました」と結論付けました。

更に性的活動の増加だけに収まらず、この研究では、避妊薬の使用が減少し、医療大麻政策の制定に伴う出生数の増加も確認されました。

医療大麻に関する法律が人々の性行為の頻度にどのように影響するかを判断するために、研究者チームは、1997年から2011年までの若者の「性的活動と物質使用に関する詳細な質問」を含む大規模なデータセットを分析しました。この調査では、回答者に先月の大麻の使用と性的活動の頻度について尋ねています。

分析では、医療大麻法が制定されてから「過去1か月に1回以上セックスをする可能性」と「法律が変更された直後のセックスの数」が4.3%増加したことがわかりました。

「私たちが観察する性行動の主な変化は、性行為への関与の増加です。」

さらに、医療用大麻法の出生に対する影響は、「出産可能なすべての女性について」2%の増加、四半期あたり684人の出生につながります。

「これらの結果は、大麻の使用が出生率に対して、意図的ではないがかなりプラスの効果を持っていることの証拠になります」と著者は論文に書きました。

避妊薬に関しては、大麻効果は「性交の後の結果に対する関心を低下させることにより、性的リスクに対する意識が変わり、避妊薬の使用を減らす可能性がある」と強調しています。

このような行動の変化は、大麻の使用に関連する生理的影響として不妊の可能性があると、研究著者が述べているのにもかかわらず、人々が医療用大麻を利用すると出生数が増加する理由を説明しています。

「出生に関する私たちの発見は、受精機能を低下させる傾向がある大麻の使用が生理学的変化にこの行動の変化が対抗できることを示唆しています」と彼らは書いています。

「医療用大麻の法律の通過により、性的活動への関与が高まり、実際には性交の増加に伴い、増えていないといけない避妊薬の使用が逆に減少することがわかりました。両方のメカニズムは、行動反応が性的接触の即時の快楽効果への意識が高まり、性行為への意欲も高まり、更に性行為に関連する将来へのリスクを無視させる可能性があることを示唆しています。」この研究は結論付けています。

この研究は、医療用大麻法が施行された後の性的行動の行動変化を説明することを目的としていますが、別の研究では、大麻の効果が男性と女性の両方の性的快感を強化し、性欲を高めると示唆しています。

この記事をシェアする

Share on facebook
Facebook
Share on twitter
Twitter