大麻 運転
大麻 運転

医療大麻の使用は運転能力にほとんど影響を与えない!?新しい研究結果

Share on facebook
Share on twitter

Journal of Concurrent Disordersに掲載された新しい研究によると、医療用大麻を継続して使用している人は、大麻吸入後の運転能力にほとんど影響を受けないことがわかりました。この結果は「Effects of therapeutic cannabis on simulated driving: A pilot study」に記載されています。

この研究では、カナダ保健省、トロント大学、アディクションメンタルヘルスセンター(精神科教育病院)の研究者が、医療用大麻を毎日消費するグループに対して、大麻を吸入した後、どのように模擬運転能力に影響を及ぼすかについて調査しました。

参加者は、調査が行われる48時間前から大麻の使用をシ控えるよう求められ、14人の被験者が調査を完了しました。被験者は、3つの別々の運転パターンがプログラムされたシミュレーターを、大麻を吸入する前と吸引した30分後に分けて試験を行いました。

その結果、被験者は大麻摂取後に平均速度を低下させ、また大麻がふらつかず、直線を維持する能力やブレーキの反応時間に影響を与えていないようであることがわかりました。

この研究は、「医療用大麻は平均速度を低下させ、平均速度の上昇、ふらつきの制御、ブレーキの反応時間には影響を与えないことがわかりました。さらに運転に対する医療用大麻の影響を調査する必要がある。」と最後は締めくくっています。

他にもドイツ医師会のジャーナルに発表された以前の文献レビューでは、「長期間にわたって一定量のカンナビノイドを服用している患者は、多くの場合、車両を安全に運転できるように、精神、運動能力に対する耐性を獲得しています。」と報告されていました。

 

References:NOMALなど

この記事をシェアする

Share on facebook
Facebook
Share on twitter
Twitter
メニューを閉じる
×
×

カート