医療用大麻 テキサス州
医療用大麻 テキサス州

医療大麻が息子をどのように助けたか、テキサス州の家族が語る!​

テキサス州議会が現在の医療用マリファナ法の拡大について討論している中、サン・アントニオに住む、ある家族が息子に与える医療用大麻オイルの利点を体験しています。

昨年、デイビットとメリッサは、3歳の息子ドーソンに、同州の3つの認可されたディスペンサリーのうちの1つ、Compassionate Cultivationから「Lone Star」と呼ばれる大麻オイルを与えてきました。

ドーソンは脳の表面に脳回がなく平滑であることを特徴とする発達障害疾患「滑脳症」で生まれました。

「これは発作を伴い、発病して約5ヶ月、そして余命は2〜10年です」とデイビットは述べました。

彼らはドーソンが生まれてから数ヶ月後にその病気にかかっていることを発見し、そして6ヶ月で、息子が発作を起こしていることに気づきました。ドーソンは一日に50から100の発作を起こしていました。

メリッサはすぐにカンナビジオール(CBD)について調べ、郵送することができるオイルを見つけました。

両親はドーソンの改善を見始めましたが、それから彼の医者のうちの1人は医療大麻を試すことを提案しました。

ドーソンは、Compassionate Cultivationから薬を手に入れる資格がありました。結果は驚くべきもので、彼は2か月間発作のない状態になりました。そして現在、ドーソンは薬を週に一度か二度だけしか摂取しません。

「彼が私を見ていたり、追いかけてきたり、おもちゃに手を伸ばすのを見るのは素晴らしいことでした。」とメリッサは語りました。

大麻オイルはドーソンの生活の質を向上させるのに役立ちますが、保険でカバーされておらず、家族に月1,500ドルの費用がかかります。

息子の改善を見て、デイビットとメリッサは現在の法律と他の家族の限られたアクセスについてより声を上げるようになりました。

「利用を難治性発作に制限することは、大麻を利用できることで恩恵を得ることができる他の多くの家族に危害を及ぼしていると私たちは考えています。」とデイビットは述べました。

先週、テキサス州の下院は大麻オイルの資格を与えるリストに他の病状を加える2つの法案を可決しました。

テキサス州の上院では、この問題は依然として困難な戦いです。ダンパトリック中尉は以前、医療用マリファナへのアクセスを拡大することに反対を表明していました。

この記事をシェアする

Facebook
Twitter