ヴェポライザー
ヴェポライザー

公共の場でヴェポライザー使用が禁止に!?大麻活動家が反対の準備!​

Share on facebook
Share on twitter

コロラド州での、公の場で蒸気を吸うことを禁止する立法案が、大麻消費者に驚異的な影響を与える可能性があります。House Bill 1076は州の屋内空気清浄法を改正して、すべての電子タバコを対象にしています。つまり、大麻やタバコなど、あらゆる種類のヴェポライザーは、レストラン、職場、およびすべての屋内公共エリアで禁止され、公共の建物や職場から25フィート以内の屋外もで同様に禁止されます。

この法律は、特に子供たちの間で電子タバコの人気が高まっていることに対する論理的な反発のように思われますが、大きな疑問を呼び起こします。

大麻の活動家でロビイストのシンディ・ソヴィーン氏は、「蒸発製品の屋内での使用を禁止することで、屋内および屋外で大麻の合法的な使用を禁止している。」と述べました。「これは、電子タバコを装って行われている大きな公共政策決定です。」言うまでもありませんが、子供が21歳未満の場合はもちろん、学校で電子タバコを所有するのは違法です。

ある人にとっては、大麻を蒸発させることは文字通り生と死の問題になり得ます。「職場に座っている、発作を起こす医療用マリファナ患者は、自分のヴェポライザーで蒸気を吸い込んで発作を抑えることができます」とSovineは指摘した。「彼らは今、どうしようと考えているのでしょうか?食用を出して1時間待つのですか?それは食用が全く効率的な摂取方法でないことを考慮に入れていない。」

事実、大麻の蒸気を吸うことは患者に最高の効果を提供する、と彼女は説明しました。

この法案の影響はまた大麻消費ラウンジを不自由にし、その中での喫煙と蒸気の摂取は禁止されるでしょう。Sovineは、大麻を完全に免除する、あるいは少なくとも大麻を室内空気清浄法から免除するという法案の改正があることを望んでいると述べました。立法者がマリファナ、CBD、および麻由来のCBDのための書面による免除を考慮しない場合、活動家は完全に法案に反対する準備ができていると言います。

教育プラットフォームLeaf411の CEO、登録看護師Katherine Goldenによると、彼女が知っている医療大麻患者の少なくとも半分は、投与経路として吸入を使用しています。「医者として、私は燃焼と対比して蒸気に切り替えることを奨励した」と彼女は言いました。

今週の水曜日に公聴会が予定されており、(この公聴会は4回も再スケジュールされています)、活動家たちは議員に法案に「いいえ」と投票するよう求めます。「理由は、この法案にマリファナを入れているからです。マリファナは薬だ」とゴールデンは説明しました。

この記事をシェアする

Share on facebook
Facebook
Share on twitter
Twitter
メニューを閉じる
×
×

カート