医療大麻 HIV エイズ
医療大麻 HIV エイズ

何百人もの犬の飼い主が、CBDは家族を助けているとFDAにコメント!​​

食品医薬品局(FDA)は、CBDの安全性と有効性に関して、一般の方からの意見を求めました。そして、100人以上の人々が、ペットが大麻化合物から恩恵を受けると機関に伝えるためにその機会を使いました。

FDAはCBDでの個人的な経験についての逸話的な説明を要求しませんでした。もちろんペットについてのコメントは言うまでもありませんが、確かにたくさん、コメントを受け取りました。

FDAがオンラインで投稿した4,269件のコメントのうち4%以上が犬に言及されていました。

一般的に、ポストはCBD治療を開始した後にペットの(主に犬)てんかん、関節炎、慢性疼痛、不安などの状態の劇的な改善を説明しています。化合物を摂取し始めた人に関する話と同様に、CBDは他の医薬品で改善できなかった症状に効果があったとコメントされ、そして深刻な副作用がなかったことを述べています。

Judy Hoover氏は、以前は「階段を昇り降りすることができなかった」20歳の犬にCBDを与えており「これはうまくいっています。」と述べました。

「私は13歳で、自己免疫疾患と股関節の問題がある犬にCBDオイルを使用しています」とNikki Guruleは書きました。「彼女は毎日の散歩を続けるのをやめ、一生涯を過ごしたのでもう車に飛び乗ることもソファに上がることもないだろう。彼女は自己免疫の問題でプレドニゾンを飲んでいました。」

「私が彼女に毎日CBDオイルを経口で与え始めてから、彼女は今や毎日30分トレッドミルの上を歩いています。「触れたとき、もうぐずぐずしたり吠えたりしません。彼女は現在プレドニゾンを止めて、すべての甲状腺レベルの改善を示しており、免疫問題はなくなっています。」

「犬は嘘をつきません。彼女は気分が良くなっていて、痛みもありません。私は彼女の人生の残りのために、彼女のためにCBDオイルを使い続けるでしょう。」

「私の犬が股関節や脊椎で関節炎を発症したとき、私は最初にCBDオイル知ることになりました。」と、教師のDeb McClellanは書きました。「私は、CBDオイルを使ってさらに2年間快適で満足な人生を送ったことを私は疑っていません。」

匿名のコメント投稿者は、「CBDは私の犬と私自身の不安の両方の治療に非常に役立ちました」と述べました。

「私たちの犬を長く放置していると、私の犬は家の中で私の持ち物の多くを破壊していました」と、その人は書きました。「低用量のCBDで治療を開始した後、私の犬はその行動をやめ、全体的によりリラックスしたように見えます。」

特定の投稿によると、ペットもCBDから間接的に利益を得ているようで、飼い主は自分で化合物を使用すると犬を散歩しやすくなると報告しています。ある人は、CBDが「犬を散歩させ、週に5日ゴルフをするのに十分な炎症の軽減」を得ることを彼に許したと書きました。

逸話的報告はそれ自体特に科学的なものではありませんが、最近の研究によってコメントは支持されています。例えば、4月に発表された研究は、発作を患っている犬がCBDを投与された後、著しい改善を示しました。昨年とは別の研究では、CBDオイルが関節炎の症状を軽減することがわかりました。

これらの中心的な意見がFDAのCBD規則制定プロセスにどのような影響を与えるのかは明確ではありませんが、消費者が人間、ペットにとっても良い、CBDへの安全なアクセスを強調する規制を開発することに対する消費者の強い関心の例としてまとめています。

この記事をシェアする

Facebook
Twitter