母乳 カンナビノイド
母乳 カンナビノイド

人間の母乳は大麻と同じカンナビノイドを自然に含んでいる!​

Share on facebook
Facebook
Share on twitter
Twitter

2017年1月に、ある研究はカンナビノイドが人間の母乳に自然に発生することを確認しました。

いくつかの主要な科学的研究の発見によると、人間の母乳は大麻植物に見られるのと同じカンナビノイドを自然に含んでいます。

体内の細胞膜は、これらのカンナビノイド受容体を自然に備えており、活性化されると人間の健康をサポートし維持します。人間の母乳は内在性カンナビノイドの豊富な供給源であり、それは基本的には新生児に哺乳プロセスを刺激することによって食べる方法を教える特定の種類の神経調節脂質です。

Melanie Dreher博士は、妊娠中に大麻を使用している女性を調査し、それから生後1年の赤ちゃんを調査しました。彼女は、妊娠中に毎日大麻を吸っていた女性の赤ちゃんがより早く社交的になり、より早くアイコンタクトを作り、そして働きやすくなったことを発見しました。

母乳中にこれらのカンナビノイドがなかったら、生まれたばかりの子供たちは食べる方法を知らないかもしれないし、また食べたいという欲求を持っていないかもしれない。そうなると深刻な栄養失調および死さえももたらす可能性があります。母乳で育った新生児は、空腹を引き起こし、成長と発達を促進する量のカンナビノイドを自然に摂取します。

授乳後の赤ちゃんの行動を観察すると、カンナビノイド使用の症状を示しています。幼児の食欲を刺激するという本質的な機能に加えて、カンナビノイドは赤ちゃんを落ち着かせリラックスさせるのにも役立ちます。また母乳よりはるかに劣っている乳児用調製粉乳にはカンナビノイドは存在しません。

さらに、European Journal of Pharmacologyに発表された内在性カンナビノイド受容体システムに関する研究は次のように報告しています。

「これらの新規開発の医学的意義は広範囲に及んでおり、「非有機的な繁栄の失敗」および嚢胞性線維症を含む状態の小児医療におけるカンナビノイドの有望な将来を示唆しています。

体内には2種類のカンナビノイド受容体があります。 脳に存在するCB1、そして免疫系と体の他の部分に存在するCB2。それぞれの受容体は、カンナビノイドが母乳から得られたものであろうと、大麻から得られたであろうと、関係なく反応します。

この記事をシェアする

Share on facebook
Share on twitter
Share on linkedin
Share on pinterest
Share on google

最新記事

関連記事

アクセサリー&CBDオイル

ディスペンサリー紹介動画

Close Menu
×
×

Cart