大麻市場 成長
大麻市場 成長

世界の大麻市場は2024年に400億ドルになる!?新しい報告書が予測!​​

Share on facebook
Share on twitter

Arcview Market ResearchとBDS Analyticsは、「法的大麻市場の状況」レポートの第7版を発行しました。

規制された市場では、アメリカの大麻の売上高は2018年に20%急増し、今年さらに36%急増すると軌道に乗っている、と報告しました。

2024年までに400億ドルの売上

世界的な大麻市場の成長は、既存の市場の自由化と医療用途を合法化する法律を導入している新しい国から来ています。

BDS AnalyticsとArcviewは、ルクセンブルク、メキシコ、ニュージーランドが合法化の最前線にいると述べ、医療大麻を承認した韓国とタイの2カ国も横に並んでいると紹介しました。アフリカでは、レソト、南アフリカ、ジンバブエの3カ国で大麻開発プログラムが実施されています。これらの国々や他の国々は、2024年までに北米外で58億ドルの消費になると予測されており、これは昨年の5億1700万ドルから増加した、とBDSおよびArcviewは述べました。

先導するアメリカ

アメリカは、大麻市場で依然としてリーダーであり続けています。アメリカのカンナビノイド市場は急上昇すると予想され、2018年農場法案による大麻の合法化など、いくつかの発展に後押しされています。

報告書、「法的大麻市場の状況」は、アメリカのカンナビノイド市場(麻由来のCBDを含む)は2024年までに448億ドルに達すると推定しています。

BDSとArcviewは、この市場の最大のシェアは、すべての州およびアメリカの領土に現在存在するディスペンサリーに割り当てられると述べました。

GW Pharmaceuticals plcのCBDベースのEpidiolexの承認を受けて、カンナビノイドベースの新薬の開発に企業が多大な投資を行っているにもかかわらず、医薬品が最小のシェアを獲得することになるでしょう。

同報告書によれば、アメリカ市場での成長は、連邦政府により違法行為とされているもかかわらず、より多くの州が大麻を合法化することによって後押しされるだろう、と述べました。

多くのお金=多くのボラティリティ

昨年のアメリカでの大麻の合法化、およびカナダでの完全合法化により、より多くの企業が投資家からより多くの資金を集めることができるようになりました。

Viridian Capital Advisorsによると、大麻企業は昨年140億ドルを調達し、2014年から2017年までの間に調達された総額の2倍以上でした。

同時に、より多くの企業が上場し、より多くの投資家が集まりましたが、同時にボラティリティも高まりました。

Cronos Group IncやTilray Incなどのカナダの大麻投資事業有限責任組合は、2018年にNASDAQに上場しています。

アメリカの企業が北上し、5月にカナダ証券取引所に株式を上場したMedmen Enterprises Incが率いるカナダ市場への上場を模索しました。

全体として、New Cannabis Venturesによると、約30のアメリカの大麻会社がカナダの取引所で取引されています。

大麻の株も昨年多くのボラティリティを経験しました。カリフォルニアでの成人用大麻の合法化の後、2018年初頭にここ最近でのピークを迎えたにもかかわらず、NCVの世界の大麻株価指数は昨年54.9%を失いました。

ボラティリティはさておき、投資家は大麻会社はもはやボロ株ではなく、大規模な取引所で取引されており、より厳しい規制とより透明性の影響を受けやすいことを心に留めておくべきです。

同時に、これらの企業は資金を栽培、加工、研究開発および小売事業の拡大 そして新しい分野への多様化により多くの資産に投資しています。

次の注目は?

今後数年間で、BDS AnalyticsとArcviewは、カンナビノイド市場のすべての分野でイノベーションのペースが加速すると示唆しています。

アメリカおよび他の国々は、州間や国際間の商取引、それに大麻の輸出や公共消費を促進する方法を模索しています。CBDがアメリカで人気を博している間、他の国は食品医薬品局がCBD製品をどのように規制する計画なのかに注目し続けています。

この記事をシェアする

Share on facebook
Facebook
Share on twitter
Twitter
メニューを閉じる
×
×

カート