image 60
image 60

世界で一番大麻が高い場所はどこですか?

Share on facebook
Share on twitter

前回述べたように大麻を合法化している、もしくは法律がゆるい国が安価な大麻を提供しているのとは対照的に、マリファナの所持が死刑につながるシンガポールのような国もあります。シンガポールは国全体で、毎年0.02トンのマリファナしか消費されません。東京は世界で最も大麻が高い場所で、1グラムあたり32.66ドルとなっています。ここでは、世界で最も大麻が高い場所をお伝えしていきます。

世界で最も大麻が高価なエリア

1.東京都

もし見つけられたとしても、東京で大麻の1グラムの平均は、冗談ではなく30ドル以上もします(約32.66ドル)。日本は、古風な大麻の法律を持っています。少量の大麻であっても刑務所に連れていかれます。皮肉なことに過去のアメリカの大麻禁止の流れに従ったため、大麻に対して厳しい国となってしまいました

2.ソウル、韓国

韓国では大麻を持っていることで逮捕されるだけでなく、大麻の喫煙に対しても逮捕される可能性があります。警察は、人々を止めてTHCのドラッグテストをする権利を持っています。あなたが法律を守っている旅行者であれば、韓国では大麻のドラッグテストをされる可能性はほとんどありません。だからこそ、韓国にいるときは法律を守るる旅行者でなければなりません。韓国では1グラムの平均はが32.44ドルになります。

3.京都、日本

京都は東京よりも少し安く、1グラムの平均は29.65ドルです。もしここで大麻を使用すると、逮捕される可能性があります。京都ではライターで火をつけないでください。

4.香港、中国

東京とは違って、香港での大麻の採点はそれほど難しくないかもしれません。観光地周辺や街のナイトスポットの近くには、ディーラーが立ち並んでいます。ただし、市内で喫煙することはお勧めしません。もちろん、大麻は不法であり、刑務所に入る可能性があります。中南米諸国のように賄賂を渡して見逃してもらうこともできません。香港はシンガポールやインドネシアなどの国に比べ、逮捕される可能性は低いといわれています。香港では、法執行機関は個人の消費者よりも、栽培や不法取引の方を気にしています。1グラムの平均は市内で27.48ドルです。

5.バンコク、タイ

カオサン通りのような観光地にいるなら、ディーラーが近づいてくる為、大麻は魅力的に見えるかもしれません。しかし、購入はできるだけしないでください。なぜなら、そのディーラーは覆面警官かもしれません。ひどい罰金を受け、刑務所にはいる可能性もあります。バンコクの1グラムは平均24.81ドルです。

この記事をシェアする

Share on facebook
Facebook
Share on twitter
Twitter