大麻友達と喫煙
大麻友達と喫煙

一人よりも友達と大麻を消費した方が安全!?新しい研究結果!​

Share on facebook
Facebook
Share on twitter
Twitter

アルコールと他の薬に関するオーストラリアの専門家協会の公式ジャーナルによって発表された簡単な報告は、社会的な大麻の消費がポジティブな大麻経験をもたらす可能性が高いことを示唆しています。

Dalhousie大学の心理学および神経科学学科の3人の教授が、最新の喫煙のパターンと動機をよく理解するために、188名のハリファックスの大麻消費者にインタビューを行いました。このインタビューは法定消費年齢を超えている人を対象に行われ、グループのうちの55人は、最後に大麻を吸ったとき、一人でいたと述べました。

この研究では、孤独な環境で大麻の消費をしたと報告した参加者は、精神病、虐待、および将来の依存を含む、ネガティブまたは悪影響な副作用を経験する可能性がかなり高いことがわかりました。

他の人と一緒に消費した参加者は望ましくない結果が少ないと報告していましたが、二次分析では、社会的消費と大麻使用に伴うアルコール消費の可能性の増加との関連も明らかになりました。

研究者らは、この研究の結果は「将来の調査の指針として役立つ」と示唆しており、これは最終的には将来の薬物政策の形成において役割を果たす可能性があります。

この記事をシェアする

Share on facebook
Share on twitter
Share on linkedin
Share on pinterest
Share on google
Close Menu