ヴェポライザー
ヴェポライザー

ヴェポライザーは強力すぎる!? 新しい研究が発表される​

Share on facebook
Share on twitter

近年、多くの大麻使用者はvape penのなめらかさに目を向けています。なぜなら、ヴェポライザー(気化器)は大麻を消費するために控えめで社会に悪い印象を与えないと考えられるからです。また、ボング、ジョイント等の肺への影響と比較して、より健康的な選択肢として認識されています。

気化技術は熱分解された煙の化合物の吸入を減少させる可能性がありますが、危険性がないことを意味するものではありません。 JAMA Network Openが発表した研究によれば、大麻を気化させると、同じ量のハーブを喫煙した場合と比べて、より直接的な有害な副作用と身体障害を引き起こす可能性があります。

この研究は、平均27歳で、稀に喫煙する喫煙者且つ、1年以上大麻を使用していないとして認定された17人の成人の反応に基づいています。参加者は8時間30分に一回のペースで3回、ヴェポライザーと喫煙の両方の形態で様々な量のマリファナを摂取しました。次に、被験者は、薬物の主観的効果を掘り下げたアンケートに答えました。また、認知、精神運動、および心臓血管反応を測定する試験を行いました。また、消費後の血流中のTHC濃度も監視します。

研究者らは、人々がヴェポライザーを使用したときに、より強い高値が報告されていることを発見しました。摂取後の主な症状の中には、口が乾燥し、目が炎症を起こし、不安や「不快な」感覚を引き起こし、記憶障害、そして最大の驚きは、喉の刺激と咳でした。さらに、参加者がヴェポライザーで最高用量の25mgを摂取したとき、多くの被験者が被害妄想を報告しました。どちらの方法でも、ほとんどの症状は、使用後1時間以内にピークに達しました。

25mgを服用することは、認知能力および精神運動能力の低下を、同等の量を喫煙するよりも引き起こす可能性がより高かった。試験の血液検査では、より大量で濃度の高いTHCが血液中に含まれていたことも示しています。

覚えておくべき重要なことは、大麻をヴェポライザーを使用して摂取すると、ジョイントやボングなどで喫煙する時と比べてカンナビノイドの数が少なくなります。つまり、ヴェポライザーを使用するときはどのような気分を味わっているか、気を付ける必要があるということです。考慮すべきもう一つの重要なことは、まだvapingの長期的影響に関する多くの情報を持っていないことです。

気化器の登場に対する懸念の高まりは、ニコチンの使用と若い世代に及ぼす影響と大きく関係しています。最近の研究では、中高生の間で人気が高まっていることが示されている為、FDAはフレーバー付きのvape製品に対する若者の入手を厳しく制限する規制を提案するようになってしまいました。

この記事をシェアする

Share on facebook
Facebook
Share on twitter
Twitter
メニューを閉じる
×
×

カート