大麻の信号
大麻の信号

ワシントンDCが他の州の医療用大麻カードを受け入れ!​​

Share on facebook
Share on twitter

ワシントンDCはアメリカの医療用大麻のメッカになる可能性があります。ミュリエル・バウザー市長は、8月8日木曜日に、首都の診療所が、同じような医療用大麻のシステムを持つ27州の有効な医療用マリファナカードを受け入れるようになったことを発表しました。
「この緊急の規則制定は患者中心である」と市長はプレスリリースで述べました。「他の州の医療用大麻患者が必要な薬を確実に入手できるようにします。また、訪問者が不法な市場での入手を強制されたり、ひいきにしたりせずに、地区の6つの支部(まもなく7つになる)で薬を入手できるようにすることで、公共の安全を促進します。」

ワシントンDCは、すでに19の州の医療用マリファナカードを診療所で認めています。アラスカ州、アリゾナ州、アーカンソー州、カリフォルニア州、ネバダ州、ニューメキシコ州、ニューヨーク州、およびバーモント州は、相互承認のリストに正式に追加されました。一方、ルイジアナ州、ミネソタ州、オクラホマ州、およびウェストバージニア州は、地区の診療所での受け入れを検討しています。

市長は地区で大麻へのアクセスを拡大することに常に賛成していたわけではありませんが、最近、DC合法化を推進する上で重要な役割を果たしました。 5月に、彼女は、安全な大麻販売法と呼ばれる法案を導入しました。これは、DCの公営住宅に17%の税金を返還することで都市の娯楽用大麻の規制します。

しかし、バウザー市長の意図は、DCを大麻観光の目的地にすることではありませんでした。レクリエーション用の大麻は市の限られた場所で販売され、ディスペンサリーは目立つ標識の設置を禁止されています。また、合法的な大麻産業がDC居住者の参加を優先することを確実にするための手当があり、レクリエーション用大麻を販売するビジネスは、60%の所有権と60人のスタッフメンバーがDC地区から成り立っているというベースラインを満たす必要があると規定されています。

「私たちは規制できるようになり、税金の公平な分配を確実に行えるようにしたいと考えており、不均衡に影響を受けたコミュニティに好影響を与える方法でそれらの税金を投資したいです。そしてDCの住民を訓練し、雇用したいと考えています。」とバウザー市長は述べました。

この法案はDC評議会によって審査されており、可決された場合、マリファナ規制がアルコール飲料規制局の範囲内に入り、拡大された責任を反映するようにその機関の名前が変更されます。

2014年、ワシントンDCは大麻の家庭菜園と少量の所有を合法化しましたが、医療用ではない大麻の合法的な購入ポイントの設定には遅れがありました。

近年、2018年の集まりで30人が最終的に逮捕された、短期間の店舗開業で大麻を提供する人々を見て、法律の抜け穴が認識されました。

当局は、新しいポリシーを利用して、大麻を持って州の境界線を横断することは違法のままであるということを、新しい法を利用する人々に警告しました。

注意:ワシントンDCで公共の場で消費することはまだできないので、警官を避けたいときは適切な状況をお選びください。

この記事をシェアする

Share on facebook
Facebook
Share on twitter
Twitter
メニューを閉じる
×
×

カート