医療用大麻栽培
医療用大麻栽培

レバノンが医療目的と産業目的の両方で大麻栽培を合法化!

Share on facebook
Share on twitter

レバノン議会の議員は今週、医療目的と産業目的の両方で大麻の栽培を合法化する決議案を可決しました。

4月21日火曜日に可決した新しい法律の下では、「娯楽用大麻を合法化しない」としています。

「その代わりに、医学用および工業用の輸出為に大麻植物を育てることができます。」 「新しい法律の下で、レバノンは、ウェルネス製品やCBDオイルを含む大麻医薬品を生産する新しい法律業界を育成することを目指します。また、織物用の繊維などの工業製品も工場から生産することができます。」

「私たちは大麻ビジネスにおいて競争力と比較優位を持っています」と国会議員のヤシン・ジャベールは語り、「私たちの土壌は世界で最高であり、生産コストは他の地域に比べて低くなっています。」と続けました。

少なくとも1世紀はさかのぼりますが、レバノンには大麻栽培の長い歴史があります。国の当局者は長い間、国が昔と同様の役割を果たすことを望んでいます。

レバノン経済大臣レイド・コーリーは、大麻を合法化することで国の低迷した経済を活性化でき、マリファナが10億ドルの収入を生み出す可能性があることを示した。」と述べました。「私たちが持っている品質は、世界の中でも最高品質の1つです」とコーリーは語っていました。

References:High Timesなど / written by Thomas Edward

この記事をシェアする

Share on facebook
Facebook
Share on twitter
Twitter
メニューを閉じる
×
×

カート