ラスベガス 大麻ラウンジ
ラスベガス 大麻ラウンジ

ラスベガス市議会がマリファナ消費ラウンジを承認!​​

Share on facebook
Share on twitter

市議会による新しい決定で、ラスベガスはマリファナの消費ラウンジを承認し、大麻のパイオニアのようなものになりました。

ラスベガスはネバダ州で合法的なラウンジがある最初の都市になり、アメリカ国内でラウンジでの消費を許可している一握りの都市の一つとなりました。

市議会の決定

5月1日にラスベガス市議会は、マリファナの消費ラウンジを合法化する決議に投票し、4-1票で通過しました。

その結果、マリファナラウンジはラスベガス市内の範囲内で合法となりました。もちろん、これらの事業は厳しく規制されます。ラスベガスのレビュー誌が報告しているように、消費ラウンジの規則には以下が含まれます。

  • 21歳以上の大人のみラウンジへの入場が許可されます。
  • ラウンジでは、実際の大麻を売ったり提供したりすることはできません。代わりに、利用者は自分の大麻を持っていかなければなりません。
  • ラウンジでは道具の販売が許可されます。
  • ラウンジは学校やカジノから少なくとも1,000フィート離れている必要があります。同様に、教会のような他の保護された施設からも少なくとも300フィート離れている必要があります。
  • すべてのマリファナラウンジは、臭気管理、防火、大気質、衛生、および安全に関する厳格な要件を満たしている必要があります。
  • さらに、ラウンジ内にあるマリファナを消費する場所は見えないようにする必要があります。

現時点では、すでにディスペンサリーを運営することを認められている人々だけにラウンジを開く許可を与えられます。

一見すると、これはラウンジが大麻を売ることができないという規則と矛盾するようですが、ディスペンサリーの中にラウンジがあるのではなく、大麻ラウンジは小売スペースから離れて隣接しています。

ラウンジを開くには、事業主は特別な使用許可を求めて市に申請する必要があり、許可は年間5,000ドルかかります。

Las Vegas Review-Journalによると、ラスベガスには現在12つのディスペンサリーがありますが、これらのディスペンサリーのうちどれだけが消費ラウンジを開くのかは不明です。

先駆的な決断

ラスベガスはネバダ州で消費ラウンジを合法化した最初の都市です。州法はまだ消費ラウンジを明確に禁止したり合法化したりしていませんが、都市が独自の規則を確立するための余地がありました。

具体的には、2017年に、立法顧問局は現在の州法の下で、地方自治体がラウンジを合法化することを選択できることを明確にしました。州の観点からすると、唯一の要件は、そのようなビジネスにおいて、21歳以上の人だけが大麻を所有できるという州の年齢要件に従うことです。

消費ラウンジを可能にするかどうかの問題は、大麻が合法な場所で着実に一般的になっています。今日までに、現存するラウンジはわずかしかありません。

多くの地方自治体は、ラウンジを許可しない理由の一つとしてデータの欠如を指摘しています。しかし、許可をしないという決定がまさに、多くの議員が見たいデータの作成を困難にしています。

しかし、ラスベガスのこの決定は消費ラウンジを考えている他の都市や州にデータを提供するのを助けるでしょう。

この記事をシェアする

Share on facebook
Facebook
Share on twitter
Twitter
メニューを閉じる
×
×

カート