| | | |

ミシガン州初の医療用マリファナ宅配便ライセンスが発行!​

ミシガン州の医療用マリファナ患者は、もうすぐアクセスの改善が見られるようになります。州のマリファナ管理局によって承認され、導入された新しい規則のおかげで、医療用マリファナの提供者は現在、合法的に患者に大麻を提供することができます。この変更は、ミシガン州の医療用マリファナプログラムに関するいくつかの重要な最新の進展です。

ミシガン州の大麻宅配

最近、ミシガン州のマリファナ管理局は州の3つの宅配便免許を発行しました。

1つ目のライセンスはカラマズー郡の患者にサービスを提供するLake Effectと呼ばれるディスペンサリーに与えられました。そして他の2つの宅配ライセンスはデトロイトにあるBotaniQとUtopia Gardensに与えられました。

新しい規則の下では、ライセンスを受け取とったディスペンサリーは、患者の家に直接注文を届けることができるようになります。

当然のことながら、新しい宅配プログラムは州によって厳しく規制されます。

  • 合法的に宅配をするには、免許を持っているディスペンサリーが独自で配達ドライバーを雇わなければなりません。
  • 宅配便が認可されたディスペンサリーはすべての配達記録を文書化して追跡しなければなりません。
  • 配達車両はすべてGPSシステムで追跡する必要があります。
  • ディスペンサリーでは、配達する前に、患者の身分証明書と医療用マリファナカードのコピーを入手する必要があります。
  • 配達先住所は、身分証明書と医療用マリファナカードの両方に記載されている患者の住所と一致する必要があります。
  • 患者は1日の最大量、バッツの2.5オンスまで注文することができます。

これらの規則を踏まえ、多くのディスペンサリーは独自の追加ガイドラインを実施することを計画しています。例えば、地元のニュースメディアMLiveは、いくつかの店が配達車にカメラを設置することを計画していると報告しました。

同様に、一部のディスペンサリーでは追加のセキュリティ対策として、配達者にボディカメラを与えるかもしれません。

「ミシガン州で合法的に行われるのは初めてのことです。」とレイク・エフェクトのゼネラルマネジャー、ジェヴィン・ウェインバーグ氏はMLiveに語りました。「すべてが安全であることを確認にしたいのです。何かをしようとする犯罪者にとって、私たちが厳しいターゲットであることを明確したいのです」

拡大するアクセス

新しい規則は患者のアクセスを改善する効果的な方法として歓迎されています。1つの重要な規定では、ディスペンサリーの開業がまだ許可されていない地域でも宅配便を利用できます。

結果として、ディスペンサリーを禁止している、またはまだ州の医療用マリファナプログラムに参加していない都市または町に住んでいる患者は、他の場所から配達を受けることができます。
もちろん、各ディスペンサリーには、配達する範囲について異なる規則があります。現時点では、Lake Effectは電話で注文を受け付ける予定で、カラマズー郡中の患者に配達します。

一報、ユートピアガーデンズは店から半径20マイル以内の患者に大麻を届けます。今のところ、オンラインまたは電話での注文を受けます。

現時点で州内の多くの人が、宅配サービスが、より広範囲の患者にとって薬の入手をより簡単にしてくれると期待しています。

「私たちは、サービスを提供しようとしている患者をたくさん知っています」とウェインバーグ氏はMLiveに語りました。「多くの患者は車椅子を利用しています。薬への便利なアクセスということに対し、価格をつけるできません。これは一部の人にとっては命を救うことなのです。」

Similar Posts

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *