大麻喫煙 運転
大麻喫煙 運転

ミシガン州の委員会が運転者の血中THCレベルの無制限を推薦!​​

Share on facebook
Share on twitter

運転に対する大麻の影響の研究を任務とするミシガン州の委員会は、州が運転者の身体に存在するTHCの量に制限を課さないことを推奨しています。障害運転安全委員会は、この問題の調査に2年近く費やした後、先週発表された報告書で勧告を発表しました。 元知事のRick Snyder氏によって任命された6人のメンバーは、その研究を完了するために公表された科学的研究をレビューし、ミシガン州警察と路上テストを行いました。委員会のメンバーには、医療用マリファナ患者と法執行機関、法医学毒物学、大麻薬理学、および交通安全の専門家が含まれます。

委員会は、大麻の使用は運転に影響を与える可能性がありますが、運転者の血液中のTHCのレベルは運転障害の信頼できる指標ではないと判断しました。その代わりに、ミシガン州立大学の薬理学および毒物学の教授である委員会委員のNorbert Kaminskiは、警察が路傍での検問を使用することを勧めました。

「今これを行う唯一の合理的な方法は、人々が障害を持っていることを証明することです」とKaminskiは言いました。

委員会はまた、法執行官のための運転障害を検出する追加訓練と「ハイ」になりながら運転する危険性について一般の人々を教育するキャンペーンをを勧告しました。

THCレベルと障害の相関関係は非常に弱い

Kaminski氏はまた、前知事が「科学の状態に基づいて論理的かつ合理的な決定を下す」ための委員会を結成したことをうれしく思っています。

彼は、いくつかの理由で血中のTHCのレベルと運転障害は「非常に弱い相関である」と言いました。

大麻が喫煙または気化によって消費されると、THCレベルは急速に急上昇しますが、その後急速に低下し、6〜10分以内にピークレベルの半分に低下します。

この急速な変動のために、血液検査が行われる時のTHCレベルは運転中のレベルを正確に反映できません。また、大麻を使用している消費者は、経験の浅い消費者よりも障害の兆候を見せずにTHCレベルが高くなる可能性があります。大麻はまた、薬効効果がなくなった後にも関わらず、使用中断後30日まで、検出することができます。

現在のミシガン州法では、血中の検出可能なレベルのTHCで運転することは違法です。しかし、2008年から合法的な医療用マリファナと昨年合法化された娯楽用大麻によって、元スナイダー知事は運転障害の規則を明確にしようとしました。現在のGretchen Whitmer知事による承認または拒否の対象となるであろう法律を体系化することによって、委員会の勧告に基づいて行動することは州議会次第となります。

報告書において、委員会は、血中THCレベルは「消費したことがわかる指標になるが、個人が障害を受けているかどうかの信頼できる指標ではない」と述べました。

また委員会は、大麻を消費した運転手は、アルコールを飲んだ後に車を運転する人ほど危険ではないと判断しました。

「興味深いことに、ほとんどのシミュレーターと車両の研究では、大麻障害の被験者は通常、ゆっくり運転し、追従距離を長く保ち、シラフの時よりもリスクを軽減しています」と委員会は述べています。一般的に、より速く運転し、より綿密に車間距離を詰め、そしてシラフの時よりもより多くの危険を冒すアルコール障害者と対照的です。」

任意のTHC限度の科学的根拠がないにもかかわらず、コロラド州、ワシントン州、モンタナ州、ネバダ州、およびオハイオ州を含む5つの州では、そのような制限を伴う法律が制定されています。

この記事をシェアする

Share on facebook
Facebook
Share on twitter
Twitter