| |

マレーシアでもうすぐ麻薬所持を非犯罪化!?政府の幹部が発表!​​

マレーシアの幹部は6月27日の木曜日に、政府がもうすぐ違法薬物の少量の所持を非犯罪化とするための政策を実施すると発表しました。

Dzulkefly Ahmad保健相は、このような政策変更は、薬物乱用を公衆衛生問題として扱うことで、この国が中毒と闘うのに役立つだろうと主張しました。

「マレーシアは麻薬中毒者と中毒の非犯罪化の重要な変革者政策に着手しようとしている」と彼は言いました。

保健省は、政府が広範な合法化を追求することはあり得ないこと、および非犯罪化は「私たちがやろうとしている重要な挑戦であり、巧妙かつ慎重に進まなければならない」と強調しました。

彼は実施のための方針とスケジュールについて、詳細を明らかにすることを拒否しましたが、提案された動きはマレーシアの麻薬法におけるパラダイムシフトを表すでしょう。

国は多数の麻薬密売事件で死刑を課しており、大量の違法物質の保有もまた死刑の対象となっています。

ワシントンポスト紙によると、マレーシアでは1,200人以上の死刑者が出ており、その大多数は麻薬関連の犯罪によるものです。

当局者は、少量の麻薬の所持のみを対象とすると規定しているため、人身売買と売買は、非犯罪化計画の下では違法のままででしょう。それにもかかわらず、改革支持者はその動きをマレーシアにとって重要な一歩だと考えています。

マレーシアが非犯罪化モデルに移行するのは驚きかもしれませんが、麻薬中毒に対処するための大胆な改革を検討しているのはマレーシアだけではありません。

カナダの保健委員会は、今月初めに発表された報告書で政府が同様のアプローチをとるよう勧告し、長年の非犯罪化支持者は最近その目標を達成するための法案を発表しました。

Similar Posts

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *