大麻 家庭内暴力
大麻 家庭内暴力

マリファナの非犯罪化後に家庭内暴力による深刻な傷害が減少!​

Share on facebook
Share on twitter

マリファナの所持に対するペナルティを軽減した州では、家庭内暴力によって重傷を負ったしまう被害者の数に著しい減少が見られた、と新しい研究が報告しています。

大麻の使用が暴力的な行為を引き起こすということは「リーファー・マッドネス」という映画が広げてしまった誤解ですが、ペンシルベニア大学の研究者は、骨折、裂傷および他の重度のトラウマをもたらす家庭内暴力がマリファナの非犯罪化後に減少したことを発見しました。

興味深いことに、この調査では深刻な怪我の減少を示していますが、家庭内暴力の全体的な事件は減少しませんでした。

「あらゆるレベルの深刻さで暴力を検討したとき、私たちの結果は、政策介入が暴力に影響を及ぼさなかったことを示しました。」と、研究の著者は書いています。「しかし、最も深刻なタイプの暴力に関しては重要な結果を導いており、マリファナの非犯罪化により、重傷を伴う家庭内暴力が約20%減少しました。」

大麻の非犯罪化は、アルコールが原因となっている深刻な家庭内暴力事件の40.7%の減少、および武器を含む事件の23.1%の減少にも関連していました。

「深刻な怪我をした事件の中で、犯罪者がアルコールの影響を受けていた事件や武器を使用した事件の数も大幅に減少しました」と研究者達は書いています。

その結果は「暴力や攻撃性に対するマリファナ使用の効果を示す以前の文献とは対照的である」と研究は述べています。

この調査では、ドメスティック・バイオレンス(毎年数百万人のアメリカ人が直面している問題)が、全国のマリファナ法の変更によってどのように影響を受ける可能性があるかについて詳しく調べています。過去の研究では、アルコールが暴力の一因となっていることが示されています。簡単に大麻を入手できる場合、マリファナがアルコールの代替品として役立つ可能性があることは理にかなっている為、研究の著者は、「マリファナの自由化はドメスティック・バイオレンスを減らすという意図しない効果をもたらす」と仮定しました。

より意味のある計測にするため、彼らはドメスティック・バイオレンス事件の総数ではなく、「被害者の傷害の深刻さ」の定量化に焦点を当てました。

研究者たちは、2016年までに医療用大麻やマリファナの非犯罪化を承認した州のこと等を含たたくさんのデータを調べました。

彼らはまた、連邦の犯罪データを分析して、恋人が関与する暴力が毎年何件発生しているかを調べ、負傷の程度やアルコールや武器が関与しているかどうかなど、特定の特徴を引き出しました。最終的に、彼らの分析は2005年から2016年までの25州でのドメスティックバイオレンスを網羅しました。

「予備的」なリストとされ、査読もジャーナルにも発表されていない研究によると、マリファナへの合法的な医学的アクセス権を持つ州は、ドメスティックバイオレンスの重症度において同様の低下はありませんでした。著者は、アクセスが特定の人々に制限されたままであることが原因であるかもしれないと推測しています。

しかし、非犯罪化は「重大な影響」と関連していました。実際、国家が大麻所持の処罰として刑務所に入るという脅威を排除する法律を可決した後、深刻な傷害をもたらした家庭内暴力事件は22.5%減少しました。バイオレンスの総数はそれほど変わりませんでしたが、それほど深刻なものではないようです。

しかし、彼らは、マリファナの使用を他の薬物と区別していないため、彼らが使用した犯罪データで理論を検証することは不可能であると付け加えました。

この研究では、大麻の使用が暴力に与える影響についてさらに研究が求められていますが、著者らは、「武器を使用しなければ、家庭内暴力が被害者に深刻な傷害を与える可能性は低い」と指摘しています。

アメリカでは毎月50人の女性が恋人によって射殺されており、マリファナの非犯罪化は無数の人々の命を救う可能性があります。

この記事をシェアする

Share on facebook
Facebook
Share on twitter
Twitter
メニューを閉じる
×
×

カート