マサチューセッツ州の娯楽用大麻の初年度売上は約4億ドル!​

マサチューセッツ州の娯楽用大麻の初年度売上は約4億ドル!​

大麻を合法化した1年後、マサチューセッツ州は在庫確認を行いました。マサチューセッツ州の歳入省と大麻規制委員会は、大麻産業の第一段階をまとめた数値によると、州の33の診療所が合計4億ドル近くの売り上げを集め、6,700人の従業員を雇用していると発表しました。

州内での大麻販売のほとんどが未だに違法な状況下で行われていますが、マサチューセッツ州はカリフォルニア州が直面しているような違法なディスペンサリーの問題をほぼ回避できています。ただ、大麻産業の有色人種の社会的公平性を確保するなど、他の課題に直面しています。以前、州に提出した事業体のわずか3.5%しか有色人の所有がないと述べています。

売上高は順調に推移しました。ノーサンプトンとレスターで最初に認可された2つのディスペンサリーは、開店後の最初の5日間で200万ドルの購入がありました。小売店に入るには長い時間並ぶ必要があり、近所の人が車の量に不満を言うこともありました。

州には現在33のディスペンサリーがあり、3億9370万ドルの大麻製品を販売し、1900万ドルの売上税、3280万ドルの物品税、および9.1ドルの地方オプション税を生み出しています。

歳入省と大麻規制委員会は、大麻合法化が2年目に入るに伴って対処したいと考えている他の問題も特定しました。

1つは、地理的に分散したより多くの大麻店を開く必要性です。大麻規制委員会のスティーブン・ホフマン委員長は、「すべての街角に大麻の小売店があるようになるとは期待していませんが、さらに多くの場所に拡大する必要があります」と述べ、展開において長期的な品質よりもスピードを優先すると説明しました。「この業界が2018年よりも2021年または2022年にどのように見えるかについて、私はずっと心配していました」と彼は言いました。

ホフマンはまた、「州内の患者の生活を大幅に改善する機会を逃していると思う。これには医学界を巻き込む方法を理解する必要があります。」と、より多くの医師と看護師に医療大麻患者を引き受ける必要性について話しました。

「私たちは成し遂げたことを誇りに思っており、これまでの展開の進捗に満足していますが、私たちはまだ初期段階にあり、やるべきことがたくさんあります」とホフマンは述べました。

記事をシェアする
Close Menu