| |

ボブ・マーリーの息子、ジギー・マーリーは9歳から大麻を喫煙!

ボブ・マーリーはレゲエの神様として知られており、音楽界の伝説の一人と考えられています。ボブ・マーリー息子のジギー・マーリーは、9歳の若さでマリファナを吸うようになり、父親の祝福を受けていたことを明らかにしました。

The Daily Mailによると、父親の足跡をたどってミュージシャンになったジギー・マーリーは、大麻を喫煙することはラスタファリアンコミュニティでは当たり前のことであったにもかかわらず、振り返ってみると喫煙を始めるには「若すぎた」と思っています。

「マリファナを喫煙することは、ラスタファリアン文化において悪いこととは見なされていませんでした」と、リーダーズダイジェストに語りました。「大麻は子供に隠すものではありませんでした。」

「最初に大麻を吸ったときのことすら覚えていません。9歳くらいでした。私は非常に若かった、若すぎた」と現在、50歳のジギー・マーリーは回想します。「もし、私が父の立場だったら喫煙させなかったでしょう。」

そう言うものの、歌手ボブ・マーリーの行動が子供たちの文化の一部であり、彼が父親に対する悪意を抱いていないことを認め、「それは私たちの宗教の一部でした。そして現代社会は受け入れない、伝統を持つ古代文化の1つです。」

「最初に意識的に大麻を吸うことを決めた時は10代でしたが、私は精神的な観点から大麻を吸いました」と彼は、未成年者だった彼の使用はレクリエーションであったと考えるかもしれない人々のために明確にしました。「自分と自分のスピリチュアリティについてより多くの洞察が得られ、スピリチュアリティに関する経典や本を読むときにさまざまな影響を得る為に使用します。大麻を使用して、私の視点が通常の場所と同じにならないように、異なる視点を与えます。」

「ただ単純に「ハイ」なることではありませんでした。インドのヨギーがどのように大麻を使用するかを学び、そのやり方を実践しました。「楽しい」と思うやり方を実践していませんでした。」

Similar Posts

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *