大麻と猫
大麻と猫

ペット治療に大麻を使用する人が増加!?ペット用製品も次々と店頭に!​​

アメリカの動物に対する残虐行為防止協会(ASPCA)によると、ペットによるアクシデント的な大麻消費は多くの場所で急増していますが、意図的な大麻消費も増えてきています。
犬、猫、馬、その他の家畜用の商品が店頭に並ぶようになってきており、ペットを愛する人たちの中には、ペットを治療するために大麻を好む人もいます。

多くの企業が、麻(ヘンプ)と大麻の両方の植物に含まれているカンナビジオール(CBD)を含むペット用の製品を製造しています。CBDは気分、不安、その他の機能に影響を及ぼす可能性があります。いくつかの企業は、自社製品がてんかんのあるペットの発作を減らし、痛みを和らげ、不安を和らげることができると主張しており、その可能性を裏付けると思われる初期の研究もいくつかあります。

噛み物、おやつ、油、局所薬、そして他にもたくさんの商品があるので、ペットの飼い主は毛皮のある友達を大麻で治療する、多くの選択肢を持っています。しかし専門家はペットに焦点を当てた大麻製品に懐疑的であることが重要であると警告します。

ペット用の大麻製品を製造および、または販売する会社は、自社製品について健康関連の主張をすることを禁じられていますが、それだけで多くのことを止めているわけではありません。

True Leafは、ペット向け噛み物が「多動の減少を促進して落ち着かせるのに役立つ相乗効果を生み出している」と主張しています。 犬や猫のための大麻油サプリメントは、「痛みを減らす」、「炎症を減らす」、「血圧を安定させるのに役立つ」など、多くのことができます。 CB2ウェルネスは、「内在性カンナビノイド系を活性化する」ことができ、「自然の痛みと炎症を軽減する」ことができるとCBDオイルを宣伝しています。

リスクもあります。まれですが、いくつかの薬はCBDと相互作用することができます。これは代謝を助ける特定の酵素を阻害し、ペットの血流中のいくつかの薬の濃度を上げることさえできます。

大麻由来のペット用CBD製品はアメリカでは合法ですが、カナダの獣医師はペットに大麻製品を処方または配布することを許可されていません。CBDはカンナビノイドであるため、麻起源か大麻起源かにかかわらず、カナダ保健省によって規制されています。ペット用製品は、認証機関によって完全にテストされておらず、規制されていません。

大麻製品を検討している動物の飼い主は、ペット用大麻について決定を下す前に、獣医師と選択肢について話し合う必要があります。

この記事をシェアする

Facebook
Twitter