フロリダ州 医療大麻 学校
フロリダ州 医療大麻 学校

フロリダ州の郡教育委員会が公立学校での医療用大麻の利用を承認!​

Share on facebook
Facebook
Share on twitter
Twitter

フロリダ州のパームビーチ郡教育委員会は6月5日水曜日の夜に、学生がキャンパス内で医療大麻を使用できるようにするという新しい地区方針を承認することを決定しました。新しい方針では、フロリダの医療用マリファナプログラムの下で患者として資格がある学生は、学校の敷地内の指定された場所で低THC大麻を利用することができます。しかし、スクールバスまたは学校主催のイベントではできません。医療用マリファナ療法は、新しい方針を実施するために医師によって署名された用紙を提出することができる学生の親または介護者によって許可されます。

この政策は、州によって認可された薬局で購入された、オイル、チンキ剤、局所製剤、および食用などの医療用マリファナおよび低THC大麻製品の投与を可能にします。喫煙または吸入によって摂取される大麻製品は許可されていません。新しい方針はすぐに効力を発します。フロリダの他の学区では学生のために同様の方針を制定しました。

 

より健康的な代替品を選択する親

パームビーチのMedical MarijuanaのオーナーであるJoan Baijnath博士は地元のメディアに対し、学校の敷地内で医療用マリファナ製品を許可するという新しい方針が検討されていることを知っても驚かなかったと語りました。

「この話は避けて通ることはできませんから」とBaijnathは言いました。「両親は今、選択肢を持っています。そして、彼らは子供のためにより健康的な選択肢を選んでいます。」

Baijnathの診療所の医療助手であるKimberly Simmonsも、10人いる青年患者のうちの1人の親です。セミノールリッジコミュニティ高校の学生であるSimmonsの息子は、新入生として社会不安やストレスに直面していました。

「彼は非常にストレスを感じており、そして怖がっていました」とシモンズ氏は言います。「それらのすべての原因は昨年に高校で起こった射撃事件がありました。高校にいるときはとてもナーバス状態でした。」

しかし、不安を治療するためにBaijnathが推奨する低THC医療用大麻治療で、彼女の息子は学校でうまくやっています。

反対派は方針を止められない

Simmonsは、キャンパス内の学生の医療用マリファナへのアクセスを許可するPalm Beach パームビーチ郡教育委員会の方針をサポートしています。しかし、他の人はその考えに反対しています。パームビーチ郡物質認識連合の理事長であるJeff Kadelは、地区の新しい方針に反対する声明を発表しました。

「学校のキャンパスでTHC製品を許可することで、これらの製品を安全で効果的であると承認していないFDAと連邦政府の両方に直面しています。 「同様に懸念しているのは、それが他の青少年に送る信号です。」

学校のキャンパスで連邦政府が違法と見なし、安全且つ効果的で、重要なものとして承認していないTHC製品を許可することによって、政府とFDAに真っ向から反抗することになります。

「同様に懸念しているのは、これが他の青少年にとって利用の合図にならないかです。」

この記事をシェアする

Share on facebook
Share on twitter
Share on linkedin
Share on pinterest
Share on google
Close Menu