フロリダ 医療用喫煙大麻 合法化
フロリダ 医療用喫煙大麻 合法化

フロリダで医療用大麻の喫煙が合法化!最大4オンスの所持が可能!​

Share on facebook
Facebook
Share on twitter
Twitter

3月18日月曜日にマリファナの喫煙禁止が正式に廃止され、知事Ron DeSantisは先週議員たちによって可決された妥協案に署名しました。喫煙可能な大麻の販売の禁止は、投票者が2016年に憲法改正により医療用を合法化した後、議員と元リックスコット知事によって制定されました。喫煙の禁止は法廷で異議を申し立てられ、違法と宣言されました。就任後、DeSantisは議会に対し、3月15日までに廃止されなければ、判決の上訴で禁止を支持し続けるつもりはないと語りました。

「2016年にフロリダ州の有権者の70%以上が医療用マリファナを承認しました。有権者の意志が支持されるように私と協力してくれた議会の同僚に感謝します」と DeSantisは法案に署名して禁止を廃止した後、つぶやきました。

廃止法案の下では、医療用マリファナ患者は最大4オンスの喫煙可能な大麻を所持することが許可されます。州内での喫煙を禁止されている公共または民間企業における大麻の喫煙は引き続き違法であり、18歳未満の末期疾患の子供は小児科医を含む2人の医師の承認を得ることによって、大麻を喫煙することが許可されます。

大麻活動家は廃止を称賛

医療用マリファナを合法化するという2016年の投票提案の大部分に資金を提供したオーランドの弁護士であるジョン・モーガン氏は、この喫煙可能なマリファナの禁止は有権者によって承認された改正と一致しないと述べました。

「新しい法は人民の意志が聞かれたことを意味します。」「病気やけがをした人にとって大麻は、オピオイドと医薬品中毒に代わることを意味する。」とモーガンは言いました。

喫煙可能なマリファナの禁止の廃止を主張している国家農業委員長のNikki Friedは、フロリダの人々のために医療決定を下すのは議員の責任ではないと述べました。

「患者は、自分の医師が自分に最も適したと判断した形で薬にアクセスできるはずです」とフリード氏は語ります。「それが喫煙医療用マリファナであろうと他の供給メカニズムであろうと、治療の決定は政治家ではなく医師によってなされるべきです。」

喫煙可能な大麻が医療用マリファナ薬局(ディスペンサリー)で売られる前に、保健省は規制を出さなければいけませんが、喫煙可能な大麻の禁止の廃止はすぐに効力を生じます。メディアの報道によると、フロリダで最大の医療用マリファナプロバイダーであるTrulieveは、ガイドラインが発表されれば、喫煙可能なマリファナを供給する準備ができている、と言っています。

この記事をシェアする

Share on facebook
Share on twitter
Share on linkedin
Share on pinterest
Share on google
Close Menu