大麻と薬
大麻と薬

フランスの国会が大規模な医療大麻の試験の発案を承認!

Share on facebook
Share on twitter

フランスの国会は、もう他の選択肢が残っていない3,000人の患者に対して大麻を代替治療として提供する2年間のテストを承認しました。

ウェブサイトJD Supraによると、テストには6か月間の段階的な導入期間、患者の登録に6か月、患者の治療とモニタリングに6か月、データ分析に6か月が含まれています。

この研究の目的は、神経障害性疼痛、重度のてんかん、多発性硬化症患者の痛みを伴う痙縮、および特定の神経系の病気などの状態に苦しむ人々を助けることです。また、生命を脅かす疾患のかかり、生活を楽にするために苦痛を緩和させる緩和ケアが必要な患者に対しても使用されます。

「既存の薬で鎮静できない患者を苦しめることは倫理的ではありません。」と患者擁護組合フランス・アソ・サンテの広報担当者であり、抗がんグループの副会長であるキャサリン・シモニンは述べました。

「大麻は痛みのせいで生活の質が失われる人、既存の薬では効果がなく痛みが取り除けない人々には明確な利点があります。しかし、深刻な副作用があるかもしれない可能性も含めて、すべての副作用を特定する必要があります。」と、シモニンは述べました。

フランスの医療製品規制庁は、幅広い製品形式を選択しており、オイル、乾燥大麻、カプセル、成分入の飲料の形で薬を投与します。

医師は、ボランティアとして試験に参加するよう招待されており、特別なトレーニングも行われます。

残りの数少ない課題点の1つである資金調達の取り決めがフランス政府によって整理されると、試験は第一歩を踏み出す予定です。国はまた、治験で使用する大麻の調達も確保する必要があります。

この記事をシェアする

Share on facebook
Facebook
Share on twitter
Twitter

最新記事

関連記事

アクセサリー&CBDオイル

ディスペンサリー紹介動画

Close Menu
×
×

Cart