フランス 医療大麻プログラム
フランス 医療大麻プログラム

フランスが新しい実験医療用大麻プログラムを発表!​

Share on facebook
Facebook
Share on twitter
Twitter

フランスが大麻の非犯罪化の限界に達しているという噂が2017年にありました。それ以来、長い道のりを歩んできたフランスは、今回新しい実験医療用大麻プログラムを発表しました。

2019年5月28日は、フランス上院議員が初めて医療用大麻に光を与えた日として、フランスの歴史に刻まれるでしょう。フランスの保健省からの完全な承認が下り次第、新しい提案はすぐに2年の実験段階に入る予定です。これは慢性疼痛やその他の病気にかかっていると推定される30万人から100万人のフランス国民にとっては朗報です。

フランス24の報告書によると、「保健省が緑色の光を与えるとすぐに約2年間の医療用大麻を用いた実験が始まるだろう」とクレルモンフェラン大学病院のペインクリニックで薬理学の責任者であるNicolas Authier教授は言いました。

彼はフランスの健康安全製品安全協会によって設立された委員会を担当しており、全委員会報告書は6月末に発表される予定です。

医療大麻プログラムに関して、これまで遅れをとっていたフランス人は、新しい提案を急いで進めようとしています。LEMのJean-Baptiste Moreauが語ったように、この新しい計画は「今後数週間で非常に早く設定されるでしょう」と彼は付け加えました。「課題は、これらの医薬品の生産のためのフランスのサプライチェーンを確保することです。」

しかし、このような新しい提案や大きな動きには常に問題が付きまとっているものです。Authierが説明しているように、「現時点では、フランスでは医療用大麻の生産は許可されていません」と付け加えています。私たちは気温、湿度、そして日差しを制御する必要があります。それは従来の農業ではありません」と彼は言いました。

実験は2021年半ばまで続くと予想されます。それまで、フランス政府は国内のサプライチェーンが整うまで医薬品を輸入するつもりです。今のところ、フランスは麻と大麻の増加について学び、既存のEU規制の厳しい枠組みの中で実行することを学ぶ中で、急激な学習曲線に直面しています。

いずれにせよ、患者への大麻流通は当局によって非常に厳しく管理されます。大麻を処方することが許可されるのは資格のある医師だけです。そして「他の利用可能な治療を試みた後の最後の手段」としてのみであろう、とAuthierは言いました。

言い換えれば、患者はオピオイドのような中毒性のある鎮痛剤をある程度使用する必要があり、それでもうまくいかなければ大麻を試すことができるということになります。

フランス政治の保守派の多くは医療大麻が娯楽用の合法化をもたらすと心配している一方、Authierはその見解には同意していません。「医療用大麻が娯楽目的で乱用される危険性はほとんどありません」と彼は言いました。「さまざまな目的を持つさまざまなユーザーがいます。疼痛のためにコデインを服用する人とアヘンを吸う人は同じ物質を服用していますが、彼らの目的は同じではありません。同様に、医療用大麻は精神活性作用を求めている人たちを満足させないでしょう。」

The French Observatory for Drugs and Drug Addictionによると、大麻は、少量のTHCと、多くのCBDを含むように栽培されます。Authierは大麻に対するフランスの姿勢を説明し、「医療用大麻は薬物ではない、それは薬である。合法化の問題は、2021年以前には起こらず、この実験の後にしか出てこない」と彼は指摘しました。

医療大麻の新しいフランスの法案がどのように功を奏するのかは、まだわかっていません。しかし、北米で大麻の合法化が進展していることを監視するために海の向こう側に熱心な目を向けているフランス当局による興味深い動きです。 

この記事をシェアする

Share on facebook
Share on twitter
Share on linkedin
Share on pinterest
Share on google

最新記事

関連記事

アクセサリー&CBDオイル

ディスペンサリー紹介動画

Close Menu
×
×

Cart