カップル 大麻喫煙
カップル 大麻喫煙

パートナーと一緒に大麻を使用すればより親密な関係を築ける!?​​

Share on facebook
Share on twitter

研究者たちは、アルコールのヘビードランカーと、家庭内暴力や離婚の割合を関連づけてきました。しかし、マリファナの使用に関して、人間関係における関連はあまり知られていません。

合法化、標準化がアメリカ中で進むにつれて、社会科学者は個人的な大麻使用の直接の影響についてもう少し、深掘りを始めました。大麻誌に掲載された新しい研究によると、特定の状況では、マリファナの使用はカップルのポジティブな経験につながります。

マリファナ(パートナーと一緒、または単独)の使用が短期間で親密さを増すのかどうかを理解するために、研究者は、定期的に大麻を消費する183人の既婚または同居カップルに、30日間の大麻使用を記録してもらうように依頼をしました。大麻の使用を開始するたび、また終了したときにも、参加者はスマートフォンを介してレポートを提出しました。
「マリファナの同時使用(男性と女性のパートナーが同じ時間に使用を報告)は、男性と女性の両方にとって親密な体験をする可能性を高めました。」

さらに、参加者は毎朝、「前日に親密さ、愛、思いやり、または支援を伴うパートナーとのやり取りまたは有意義な会話」があったかどうか、またあった場合、その時間を示した報告も提出しました。これにより、研究者は、参加者がマリファナを使用した時期と親密さを経験した時期との間に相関関係があるかどうかを判断できました。

研究者の分析では、大麻の体験を共有することで、使用してから2時間以内に親密さが増す可能性があると判断しました。

更に、パートナーとの同時使用と個人での使用の影響の違いを理解するために、研究者は、マリファナを使用した時点でパートナーと一緒にいたかどうかについてのデータを使用して2回目の分析を行いました。

「この分析の結果は、パートナーの存在下で男性と女性の両方にマリファナを使用することに関連した、積極的な行動およびパートナーとの効果を示しています。」と彼らは書いています。「たとえば、ローラがマイクと一緒にいるとき、マリファナを使用してから2時間以内に親密な出来事の報告をすることが、マリファナを使用していない場合よりも多くなります。ローラはまた、マイクがマリファナの使用を報告してから2時間以内に親密なイベントを報告する傾向もありました。」

過去の研究では、特に1人だけが薬物を消費する場合、カップルにとって重要なストレス源になる可能性があることが示唆されています。しかし、今回の研究ではそのような証拠は見つかりませんでした。研究者は、カップルは、彼ら自身が定期的に大麻を使用しているので、パートナーの個人的なマリファナの使用により悩まされることはありません。と述べています。

もちろん、問題を抱えている消費者と関係のある人々が同じ良い効果を経験しない可能性はあります。研究者が指摘するように、日々の報告を用いた彼らの研究は、マリファナ使用の短期的な影響に焦点を当てるが、もっと多くの研究が必要です。

今のところ、私たちが知っていることは、少なくとも女性にとってマリファナの使用はセックスを向上させるような傾向があることです。別の最近の研究は、大麻が満足のいくオーガズムの増加させ、女性の性的経験に良い影響を与えることを見出しました。

この記事をシェアする

Share on facebook
Facebook
Share on twitter
Twitter