バーモンド州議会 花壇
バーモンド州議会 花壇

バーモント州議会議事堂の花壇で34株の大麻を誰かが栽培!​​

モントピリアの州議会議事堂への訪問者が法執行機関に大麻植物の存在を報告し、34株の大麻植物がバーモント州議会議事堂の花壇から取り除かれるという事件がありました。

植物が発見された後、議会警察長官マット・ロメイ氏は、小さい植物がヘンプ(麻)なのかマリファナなのかわからないし、敷地の整備士が植物を見つけられなかったかもしれないと述べました。

長官は大麻植物が、州議会の前の通路に並ぶ手入れの行き届いた庭園で、すくすくと成長していたことに驚きませんでした。

「その花壇には2×4の材木を植えることができ、ヤシの木でも成長するでしょう」とロメイ氏は言いました。「だから、誰かがそこにマリファナの種を入れて、大麻が雑草のように成長することは全く驚くべきことではありません。」

 

自宅で栽培するのはOk、但し州議事堂ではほどほどに

バーモント州議会は、昨年、成人による最大1オンスのマリファナの所有を合法化し、合法化法案の条項でも、大麻の自家栽培を認めていました。州内の成人は、住居ごとに2つの成熟大麻と4つの未成熟大麻を育てることが許可されています。

バーモント州はまた、ヘンプ農業も合法化しており、州議会議事堂の花壇で発見された植物がマリファナかヘンプ(麻)かは不明であると長官は語りました。いずれにせよ、大麻は州の規制に従って成長していませんでした。

「州議会の大麻は確かにこれらの基準を満たしていません」とロメイは言った。

発見された植物がマリファナか麻であるかを確認するには、それらの中のTHCの量を分析するために実験室でのテストが必要となります。ヘンプ(麻)と見なされるためには、植物は0.3パーセント未満のTHCしか含んでいてはいけません。

ロメイ氏は、誰が、なぜ大麻栽培の場所として花壇を選んだのかわからないと述べました。

「なぜ、誰が、植えたのか、私たちは見当がつきません」と長官は付け加えました。「しかし、なぜ大麻を植えたのか、誰かが理由を主張し、私たちに知らせたいのであれば、私たちは喜んで聞きます。」

しかし、ロメイ氏は、もし誰かが植物を栽培する責任を負うのであれば、起訴される可能性があると指摘しました。

「私たちが刑事訴訟を起こすことができる唯一の方法は、誰かが倒れてしまい、クレームを主張した場合のみです」とロメイ氏は言いました。

ロメイ氏は、国会議事堂の警察が州議会の敷地内で以前にも同様に成長している大麻植物を発見したと述べました、これは彼が首長になって以来初めてのことです。

「これは休暇から戻ってくるのに、ユーモラスな出来事でした」とロメイ氏は言った。

この記事をシェアする

Facebook
Twitter