コロラド州法律
コロラド州法律

バージニア州の知事が大麻の非犯罪化法案に署名!

Share on facebook
Share on twitter

5月21日木曜日にバージニア州知事は、大麻所持を非犯罪化するための法案に署名しました。この新しい法律は7月1日に施行されます。

ラルフ・ノーサム知事は、3月の州議会で最初に通過した一連の修正案を提案して、上院と下院に立法案を提出し、検討を求めていました

議員らは15つの改正案を採択し、修正された法案はノーサムに送り返された後、正式に法案は承認されました。ノーサムは、非犯罪化に関する法律については明確に語りませんでしたが、「今回の総会で私たちが一緒に達成したことを誇りに思っています」と述べました。

「私たちはバージニア人の権利と保護を含め、長い間無視されてきた優先事項を進めました」と彼は言っています。

「COVID-19の大流行に対処するために資金を振り分けることができ、制定した多くの法律は、かつてないほど重要性を増しています。」

ノーサム知事は、法案の署名により、2017年に作成した選挙運動の約束を果たしました。州知事として、彼は連邦政府の演説を含め、改革の必要性を繰り返し強調してきました。
現在のバージニア州の法律では、少量の所持に対して最高500ドルの罰金、最長30日間の懲役および犯罪歴が課せられます。しかし、改正される新しい法律の下では、最大1オンスの大麻所持は、懲役や犯罪歴の残らず、25ドルの罰金のみが科せられます。

「この勝利は、バージニアNORMLとそのメンバーシップによる、長年にわたる努力の結果です。」と、バージニアNORMLのエグゼクティブディレクターであるジェン・ミシェル・ペディニは語りました。

「そして、ノーサム知事、彼の政権、そしてこの一歩を踏み出した立法府を称賛する一方で、彼らが大麻を合法化し規制するために、迅速に取り組み、何万人ものバージニア人の損害を取り消すことを始めることが重要です。 」とマリファナ政策プロジェクトのスティーブ・ホーキンス事務局長もこの改革を称賛しました。

 

References: Marijuana Momentなど/written by Kyle Jaeger

この記事をシェアする

Share on facebook
Facebook
Share on twitter
Twitter
メニューを閉じる
×
×

カート