大麻 宇宙
大麻 宇宙

バイオテクノロジー企業が、研究の為にコーヒーと大麻を宇宙に送る!?​

Share on facebook
Share on twitter

長年にわたり、宇宙飛行士は、様々な植物や宇宙で食事を調理するために必要なものなど、多くのものを宇宙に持っていっています。そして、来年の3月に行われるSpaceXのミッションに世間を賑わせている植物を送り込もうとしているようです。

バイオテクノロジー企業は、コーヒーとマリファナを国際宇宙ステーション(ISS)に送る予定です。このアイディアの目的は、植物が遺伝子組み換えされるか、無重力で変異するかどうかをテストすることです。

農業バイオテクノロジー企業のFront Range Biosciencesは、ハイテク企業のSpace Cellsとコロラド大学ボールダー校と提携し、宇宙に設置されたインキュベーターで麻とコーヒーの栽培に着手する予定です。ヘンプとコーヒーの数々で知られるFront Rangeは、480を超える植物細胞培養物を宇宙に送りたいと考えています。ヘンプとコーヒーのサンプルはすべて、1か月間保管される想定で、宇宙に打ち上げられるよう設定されています。サンプルが地球に戻ったら、微小重力と宇宙での放射線で変化が起こるかについてテストされます。この実験には、無重力状態での植物成長の監視も含まれています。

「これは、麻やコーヒーの細胞培養に対する微小重力と宇宙飛行の影響に関して誰も研究していないものの1つです。宇宙の植物は突然変異を経験するという理論を支持する科学があります。これは、突然変異を地球に持ち帰った後、持ちこたえるかどうか、そして新しい商用への適用があるかどうかを見る機会です。」とFront Range BiosciencesのCEO、Dr. Jonathan Vaughtは述べました。

この実験に関する最大の疑問の1つは、合法的に宇宙で大麻を利用されるのかです。アメリカでは大麻はまだ違法ですが、麻はTHCレベルがないため「ハイ」なることはありません。一部の患者の痛み、不安の緩和、てんかんの治療など、医学的利点はかなりありますが、今回の研究テーマにはそれらは入っていません。一方、コーヒーは目覚ましドリンクとして全体的に良いアイデアと考えられているため、異なる条件下で問題なく生活できるかどうかをテストすることは完全に理にかなっています。この研究は、極端な気候変動の影響を受ける地域の植林と植生の理解にも役立ちます。また、より回復力のある作物を育てる方法の発見につながる可能性があります。麻の研究は、生産と消費が合法化されたため、もはやタブーではありません。

コーヒーと麻の突然変異の研究は、地球の生物学に対する微小重力の影響の研究に取り組んでいるSpaceCellsが後援しています。

この記事をシェアする

Share on facebook
Facebook
Share on twitter
Twitter
メニューを閉じる
×
×

カート