ハワイ大麻合法化案否決
ハワイ大麻合法化案否決

ハワイの大麻合法化法案が消滅!締め切りに間に合わず期限切れ!

政治的には、ハワイは最も若い州です。民主党は州および連邦レベルですべての権力を支配しており、有権者は共和党よりも、民主党の大統領候補を支持しています。

同州は、ドナルド・トランプ大統領が拒否したパリ協定に打ち込んでいて、更に人々がタバコを買うために少なくとも21歳であることを要求する最初の州でした。サンゴ礁に害を及ぼす可能性があるため、観光客は特定の種類の日焼け止めを禁止することさえありました。

しかし、大人用のレクリエーション用マリファナの合法化に関しては、既に合法化しているカリフォルニアやバーモント、ニューヨークやニュージャージーのように、加盟に向けて競争している州とは違い、ハワイはリベラルの重鎮たちと足並みが揃っていないようです。

2019年3月1日に、議会が期限に間に合うように考慮しなかった為、合法化法案は、以前の努力よりも合法プロセスがさらに遠くなりました。

上院多数党院内総務のJ. Kalani Englishは過去15年間マリファナの合法化法案を発表してきました。しかし、ハワイは社会問題にゆっくり動くという実績があります。例えば、他の州では同性婚と自殺幇助を許可するためにはるかに早く動きました。

しかし今回は、マリファナを違法として分類し続け、ハワイの既存の医療用マリファナプログラムを危険にさらし続けている連邦法と矛盾することを他の指導者たちが心配していたため、この取り組みは活気づきました。

前進するためには、法案は上院保健委員会および上院ウェイ・ミーンズ委員会を3月1日の期限までに通過させ、上院議員全員が検討することができるようにする必要がありました。しかし保健委員会は3月1日に法案を検討するための会議を予定せず、マリファナの合法化措置を事実上、白紙にしました。

下院議員の過半数を率いる民主党のデラ・オー・ベラッティ議員は、この法案が消滅する前に、ハワイは将来、成人用マリファナの合法化すると考えていると述べました。しかし、彼女は議員が問題を慎重に吟味するであろうと言いました。

「私たちには、テーブルの周りに座っている、「それを正しくしましょう」と言っている人が十分にいると思います。ただ物事に突入してそれを正しくしましょう」と彼女は言いました。

議員はマリファナを合法化した州の経験を綿密に研究しなければならないと、ベラッティ氏は述べました。彼女はまた、合法化の前に虐待予防、治療および教育プログラムを立ち上げたいと考えています。ハワイはまた、合法化されたマリファナがより運転の障害につながらないようにしなければならないだろう、と彼女は言いました。

ベラッティは、今のところマリファナを非犯罪化するか所有の罰金と刑事罰を減らすことに傾いていると語りました。

12の州とワシントンDCには娯楽用マリファナの法律があります。バーモント州を除くすべてが、ハワイでは利用できない選択肢である住民投票で合法化を行いました。

上院司法委員会の議長を務める民主国家カール・ロードス上院議員は、今や他の国でも合法化へ向けて動き、「このれは終わらない」ため、ハワイの住民たちはどんどん合法化を受け入れようとしていると述べました。

ロードス委員会は2019年2月にこれまでにどの委員会からも成し遂げたことがない合法化措置に関して、修正版のイングリッシュ法案を可決しました。

保健委員会の議長である民主国家のRoz Baker上院議員は、ハワイの新生医療用大麻薬用分配システムを脅かすようなことはしたくないと述べました。ディスペンサリーセールスは2017年に始まりました。

ベイカーは、連邦政府が医療用マリファナを単独で残すと信じていましたが、ハワイが次のステップを踏むならば、連邦麻薬法を執行するためにより積極的なアプローチをとるかもしれません。民主党のDavid Ige知事も同様の懸念を表明しました。

医療用マリファナ薬局のNoa Botanicalsの創設者兼CEOであるBrian Goldsteinは、ハワイでは最終的にレクリエーションを利用できるようになるのは避けられないと述べました。しかし、彼は合法化にはしばらくかかるかもしれないことを認めています。

カリフォルニア州が法律で医療用大麻を合法化する最初の州になってから4年後の2000年に、ハワイ州議会は医療用マリファナを承認しました。

ハワイの合法化促進薬物政策フォーラムの事務局長、カール・バーグキスト氏は、今年のアイデアが再び失敗したにもかかわらず、進展は見られていると述べました。

「それは大きなステップです…まずは会話を始めさせることです」と彼は言いました。

この記事をシェアする

Facebook
Twitter