大麻と議会
大麻と議会

ハワイの今年の議会は「大麻合法化の検討」が最優先事項!

Share on facebook
Share on twitter

マリファナの合法化について考えることが、今年のハワイ議員の最優先事項になるだろうと、ロンコウチ上院議員は1月16日の水曜日に述べました。

コウチは、新たな立法府の開会式で、大麻改革、最低賃金の引き上げ、そしてホームレスの減少を含む、2019年に始まる会議の議題について話しました。

上院多数党院内総務カラニイングリッシュは合法マリファナがかなりの税収をもたらす可能性があると言い、コウチの提案を受け入れました。より多くの州が成人用の大麻システムを追求するのと同じく、我々の州は「転換点」に達した、と彼は言いました。

州民主党は、先月、2019年の立法会議で娯楽用大麻の合法性を認める事を「第一の最優先事項」として挙げました。

しかし、議会の支配的な民主統制の院内でさえ、マリファナ改革を進めることは困難なプロセスでした。Hawaii News Nowによると、大麻関連の法案は過去20年間に渡って一貫して失速しているか、撃墜されています。

たとえ、成人向けの合法化法が知事の机上に行ったとしても、その運命は不確実です。 David Ige知事は、連邦法に相反することについて懸念を抱いたままであり、「島にやってくる人は、連邦の境界を越えているため、刑事制裁の対象となることを知っていなければならない」と述べました。

Igeは過去においても、より穏やかな改革努力をするやり方を支持する立場として、昨年オピオイド使用障害を持つ人々が医療大麻の資格を得ることを許可する法案を拒否しました。

「過去10年間で処方オピオイドの使用と依存、ヘロインと合成薬物の過剰摂取、そして緊急治療室への訪問が著しく増加したため、オピオイド中毒とオピオイド関連の死亡を防ぐために合法的な医療アクセスを許可する必要があります。」「この法律は、ハワイで人々の命を救う可能性を秘めています。人々の命が危険にさらされていることを理解して、Ige知事に今すぐこの法律を改正し、法律に署名するよう促します。」と、最終的にIgeの反対意見をサポートする形になってしまった、ギャバードはプレスリリースで述べました。

多くの障害があるにも関わらず、上院議員の、大麻の合法化を検討することを最優先事項とする、という確約は、その他多くの州が大麻禁止を廃止しているのと同様に、ハワイでも大きな改革を真剣に検討する準備をしているように見えます。

この記事をシェアする

Share on facebook
Facebook
Share on twitter
Twitter
メニューを閉じる
×
×

カート