ハワイ医療用大麻オンライン申請
ハワイ医療用大麻オンライン申請

ハワイのディスペンサリーが州外の大麻患者にも対応!購入が可能に!​

Share on facebook
Share on twitter

ハワイへの旅行は、医療用マリファナ患者にとってずっと簡単になりました。

ハワイの保健省は今週、アメリカの他の地域で医療用マリファナを受け取る資格のある患者が、ハワイを訪問している間に、登録して大麻を購入することを許可すると発表しました。

また3月5日火曜日には、有資格患者が迅速に電子登録カードを取得できるように設計されたオンライン登録システムが発表されました。

新しいシステムでは、ハワイに到着する前に州外の患者が登録できるようになっているので、州に入ったら認定された薬局から購入することができます。

「ハワイの電子医療大麻カードの導入は、ハワイの有資格患者および医療大麻が許可されている他の37の管轄区域の州外の患者にとって、医療大麻へのアクセスを改善する大きな一歩です」と保健省のブルースアンダーソンは述べました。

医療用マリファナを許可する管轄区域には、ワシントンDC、および4つのアメリカ領土の33の州が含まれます。

49.50ドルの申請料で、州外の患者は訪問の60日前までに登録を申請できます。ハワイは、申請者に本国からのIDと医療用マリファナの登録を申請するよう求めています。

登録カードは60日間有効で、患者は暦年に2回申請できます。そして、15日間に最大4オンス(113グラム)の大麻を購入することができます。

同局のメディカルカンナビスレジストリプログラムのタミウィットニー氏は、次のように述べています。

部門の統計によると、ディスペンサーは昨年1269万ドルで1,569ポンド(711.7キログラム)の医療用マリファナを販売しました。

知っておくべきこと

保健省の発表によると、オンライン登録プロセスにはそれほど時間がかかりません。ハワイは、身分証明書ではなく電子登録カードによって、州外の患者が「迅速かつ容易に、そして多くの場合、当日に」文書を入手できるようになると述べています。とは言え、承認時間は、受け取った申請の量によって異なります。

「医療大麻を使用して適格な健康状態を治療している多くの患者にとって、時間が最も重要です。」

このポータルには、Department of HealthのWebサイトからオンラインでアクセスできます。州外の患者は、オンラインアカウントを作成し、他の州または準州の有効な大麻登録カード、政府発行の身分証明書等、適格であることを示す裏付け書類を提出する必要があります。

残念ながら、拡大された適格規則の下であっても、ハワイは現在、国際医療用大麻登録カードを受け入れていません。

この記事をシェアする

Share on facebook
Facebook
Share on twitter
Twitter
メニューを閉じる
×
×

カート