ハワイ 大麻 非犯罪化
ハワイ 大麻 非犯罪化

ハワイが大麻を非犯罪化!この法律は2020年1月11日に発効!​

Share on facebook
Share on twitter

ハワイは7月9日火曜日に大麻を非犯罪化し、大麻を合法化または非犯罪化する国内で26番目の州になりました。

ハワイの民主党が管理する議会はこの法案を承認し、5月にDavid Ige知事に送っていました。Igeはこの法案に署名していませんでしたが、7月9日火曜日迄に事実上法律になることを拒否しなかった、とVoxは報じました。

政府の報告によればIgeは7月9日火曜日迄、その法案を拒否する選択肢がありましたが、期限までに何の行動もとらなかった為、知事の署名なしで法律になりました。

この法案は2020年1月11日発効で3グラム以下の大麻の所持に130ドルの罰金が科せられるだけとなります。

マリファナ政策プロジェクトは声明の中で、マリファナを非犯罪化または合法化している州の中では最少限の所有量であると述べました。

しかし、同グループは、これが「わずかな量の」大麻所持を最高30日までの懲役に処し、最高1000ドルの罰金を科すことを認めている現在のハワイの法律からの「改善」であると述べました。

非犯罪化は合法化と同じではありません。ワシントンDCを含む12の州がマリファナを合法化しています。

Vermont and D.C.では、マリファナは合法化されていますが、娯楽目的のための販売は認められていません。

この記事をシェアする

Share on facebook
Facebook
Share on twitter
Twitter