医療大麻
医療大麻

ハイになるよりも病気の為に大麻を使用する人が多いという研究結果!

Share on facebook
Facebook
Share on twitter
Twitter

新しい研究によると、アメリカでは大麻を使って「ハイ」なる人の数よりも大麻を使って病気を治療する人の数の方が多く、その数は約2倍になります。

JAMA Open Networkで金曜日に発表された調査によると、マリファナを娯楽目的で使用している22%に対して、通常のマリファナユーザーの約46%が病状のために大麻の使用を行っています。この調査では、2016年から2017年の間に、全国で165,000人を超える男女を調査しました。

「医学的状態、特に呼吸器疾患、癌、うつ病の成人はマリファナを使用する可能性が高かった」と同研究の著者らは結論で述べました。「現在、病状のある人々の間でも年齢とともに大麻の使用率は減少しています。今後はマリファナに対する国民の認識はより好意的になり、病状は年齢とともに増加するため、高齢者もマリファナの頻繁な消費者になる可能性があります。」

ネブラスカ大学医療センターの准教授であり、この研究の主任研究者であるHongying Daiは、U.S。News&World Reportに、マリファナの有用性に関するデータと情報の相対的な空白があると語りました。

「病状のためにマリファナを服用している患者には、その病状に対する有効性と有害作用の証拠を知らせる必要があります」とDaiは述べました。

調査によれば、18歳から24歳の4人に1人が医療用マリファナを使用していますが、65歳以上の人の使用率はわずか2%にすぎません。すべての人口統計でマリファナを使用する最も一般的な方法は喫煙であり、一般ユーザーの77.5%を占めています。

今年の初め、ペンシルバニア州は、医療用マリファナプログラムの治療可能な症状のリストに不安障害を追加しました。このプログラムには現在23の承認済み条件があります。

ちょうど今週、アメリカ国立衛生研究所は、マリファナの有効成分の1つであるカンナビジオールが効果的に痛みを和らげるかどうかを判断することを目的とした、多くの助成金による研究を開始しました。

調査の1つはテンプル大学の研究者によって実施され、大麻の4つの異なる成分の効果がどのように痛みの発生を防ぐことができるかを評価します。

この記事をシェアする

Share on facebook
Share on twitter
Share on linkedin
Share on pinterest
Share on google
Close Menu