| | |

ハイになって運転する人を募集!コロラド州で大麻の影響を調査!​

コロラド州の研究者たちは、大麻が運転に及ぼす影響を調査しており、研究に向けて「ハイ」なって運転するボランティアを求めています。地元メディアの報道によると、この研究の参加者は代金を支払われますが、自分で用意した大麻を吸わなければなりません。Colorado Anschutz Medical CampusのColorado School of Public Healthの助教授であるAshley Brooks-Russellは、毎日またはそれほど頻繁ではない大麻の使用がドライバーのパフォーマンスにどのように影響するかについての共同研究者です。

Brooks-Russellは、「目標は、障害のある運転を防ぐことができるように、傷つける可能性のある運転をよりよく理解することです。」と述べています。

同研究を共同監督している准臨床教授であり医学の毒物学者であるMicahel Kosnettは、飲酒運転が広範囲な研究の主題である一方で、マリファナに同じことは当てはまらないと述べました。

「私たちは、特定の薬が実際に人々のパフォーマンスを低下させることを知っています。アルコールはその典型的な例です」とKosnett氏は言います。「大麻が運転にどのように影響するかについての我々の理解はあまり深くありません。」

研究を実施するために、参加者は大麻使用の前後に運転技能をテストします。また、バーチャルリアリティゴーグルの目の動きを追跡するテストや、iPadを使った手と目の調整や意思決定を測定するテストなど、他のテストを通じて評価されます。研究者は、路上での検問において、このような装置が法執行官による減損の判定に使用できるかどうかを知りたいと考えています。

THCの制限は公平ですか?

アルコールとは異なり、血中のTHCのレベルは運転障害の正確な指標ではないかもしれません。それにもかかわらず、コロラド州では現在、運転手に血液1ミリリットルあたり5ナノグラムのTHCという制限があります。医療用マリファナ患者であるタイラープロックは、そのような恣意的な制限は不当であると考えています。

「医療用患者にとっては公平ではありません。大麻は体内に約30日間留まり、毎日マリファナを使用しているなら、体中のTHCの量は複雑になるだろう」とプロックは言いました。「その日は大麻を使用していなかったかもしれませんが、体内には大麻がまだ存在しているため、まったく馴染みのないテストでも反応する事になります。」

プロック氏は、大麻使用後は定期的に運転しているが、障害がある間は絶対に運転しないと述べました。

「まあ、私は過去7年間ほとんど毎日大麻を使っていました」と彼は言いました。「私は安全な運転手だと感じています。私は過去10年前に違反チケットを1枚持っていましたが、私は事故に遭ったことは一度もありません。」

大麻運転研究の参加者は、オーロラの研究室に1週間のうちに2回訪問する必要があり、両方のセッションを完了すると140ドルが支払われます。

Similar Posts

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *