ニューヨークの従業員大麻薬物検査
ニューヨークの従業員大麻薬物検査

ニューヨーク市議会が従業員の大麻検査を禁止する法案を可決!​

Share on facebook
Facebook
Share on twitter
Twitter

ニューヨーク市議会は火曜日に企業が従業員に対して大麻の薬物検査を要求することを禁止する法案を可決しました。この対策はマリファナを使用することの影響を減らすために行われます。

先月、市議会は、大麻の合法化を進めるために州政府に要請する決議案を可決しました。火曜日に可決された法案の提唱者、Jumaane Williamsは、政府が人々の就職を容易にするために取り組むべきだと述べました。

「私たちは、雇用のためにもっと多くの道筋を作る必要があります。」とウィリアムズ氏は言います。 「私たちが合法化に向かって進むにつれて、マリファナの使用が、人々の仕事探しやキャリアアップを妨げているのは、まったく意味がありません。」

多くの職業が法案から除外されているので、これらの職種の雇用主は申請者の大麻の薬物検査を自由に続けることができます。

安全保障に関連する仕事、または市の規制の下で健康および安全に重大な影響を与える仕事、または州政府または連邦政府の契約に関連する職種は、法案から除外されます。

その他の例外には、警察官、商業運転手、および子供、医療患者、そして障害のある人々の世話をする人々の雇用が含まれます。

また、当初提案された重機の操作者だけではなく、建設現場のすべての労働者に対する例外が、建設請負業者組織の代表からの証言を聞いた後で法案に含まれました。

法案は41対4の投票で議会によって可決され、検討のために市長のBill de Blasioに向かいます。彼が法案を承認する場合、法案の条項は署名してから1年後に施行されます。

別の法案は、保護観察者への大麻の薬物検査を廃止

ニューヨーク市議会は、仮釈放者に対して大麻の薬物検査を終了しようと考えています。月曜日に、公安委員会はこの措置を支持するために全会一致で投票しました。委員長のDonovan Richardsは、昨年、ニューヨークで保護観察を受けている300人近くの人々が、マリファナ違反のために牢屋に戻っていると述べました。

「覚えておいてください。彼らは保護観察条件に違反していない人々である。」とリチャーズは言いました。「彼らは働いている、または仕事を探しているだけであり、保護観察官に定められた条件を守っています。彼らは大麻の薬物検査がなくても、まっすぐな道を歩むことができます。」

地元メディアの報道によると、リチャーズ氏は、5人の元都市の保護観察委員と元裁判官のジョナサン・リップマン裁判官が全員、マリファナの仮釈放者の薬物テストには何の有用な目的もないことに同意したと述べています。

「この法案の成立は、多くの人々が自分自身と家族が良い生活を送るために努力している間に落下してしまう、大きな1つの落とし穴を閉じることに役立ちます。」とリチャーズは述べました。

この記事をシェアする

Share on facebook
Share on twitter
Share on linkedin
Share on pinterest
Share on google
Close Menu